強迫性障害について質問です。 私は強迫性障害になって7年程経ちます…強迫性障害

強迫性障害、不潔恐怖です。
就職について。

強迫性障害、不潔恐怖です。
就職について。
ほぼ愚痴ですが苦しいのでどうか吐き出させてください。
まず私の症状についてお話させてください。
強迫性障害を患って四年になります。
幸いリフレックスが合い一年前にはほぼ完治といえるほどだったのですが、近頃身内のあれこれでストレスがあり夏に再発してしまいました。
それから悪化の一途を辿り、病院でリフレックスを処方していただいたものの効果があまりなく、緩やかに降下しているのを感じます。
最も困るのが切迫性失禁です。
私の場合自分の排泄物がこの世の何より怖いため、一日二回のトイレで何とか済ませられるよう、我慢に我慢を続けてしまいました。
そのうち尿意も感じなくなり、しめしめやったぞなんて思っていたら、結果、おそらく切迫性失禁に……。
冬になってから寒さのせいか、急に強烈な尿意に襲われ、汚い話ですがお手洗いに駆け込む時には出てしまいます。
次第に量が増え、近頃下着まで汚すようになり…。
実は今もやってしまった後です;アパート暮らしなので深夜にシャワーを浴びることも出来ず、下着だけ替えた状態でガクガク震えながらこれを書いています。
馬鹿馬鹿しいと頭ではわかっているのですが、同時に今に死にたいほど怖いと感じます。
この怖さは包丁を体に向けられているような、柵の無い高い場所に立たされているような、足の竦む恐怖です。
長くなりましたが、身内の一時的な介護のため仕事を辞め、役目を終えたので仕事を再開するためにするために就職活動をしていますが、悪化した症状、いつ来るかわからない尿意、正直この状態で仕事を出来る気がしません。
同じような症状の方は、やはり休職しているのでしょうか?我慢して仕事をしていますか?28歳、ずっとフリーターで、いい加減長く務められる先をと思っていた矢先にこれで、とても焦っています。
もうひとつ、ずっと悩んでいる事なのですが、強迫性障害を職場にカミングアウトして求職することは不可能でしょうか?うつ病にも当たりが強いと聞く昨今、聞きなれない病名を持った人なんて雇ってもらえませんよね。
でもオープンにして働けたらどんなにいいか。
少しお手洗いが長い、少し手洗いがすぎる、少し潔癖、それは病気のせいだから、仕方ないと受け取ってもらうことは出来ないのか。
甘い考えだとは思っています。
でもそれが出来たら、それでもいいと言ってもらえたら、どんなに、どんなに幸せなことだろう。
今までは隠していました。
でも、なんかもう、限界です。
公衆トイレでは手洗いをジロジロ見られ、つり革をハンカチでくるめばジロジロ見られ、もう私は病気です!って顔に書いたほうが、気持ちが楽になりそうです。
長くなりすみません。
回答、いただければ幸いですが、なくてもいいです。
誰かに聞いてもらいたくて…すみません。
ありがとうございました。

泌尿器科の医師には診察を受けていますか?もし受けていないなら、強迫性障害の主治医から紹介を受けてぜひ受けてください。
質問者さんがご自身で「最も困るのが切迫性失禁」とおっしゃっているように、元々の病気よりそれによって引き起こされた二次障害の方が厄介なことは珍しくありません。
きちんと二次障害も専門医による治療を受けられた方がいいと思います。
私は医師ではない素人ですが膀胱と言うのは中に溜まった尿で伸び縮みする風船のようなものだそうです。
個人差がありますがだいたい容量の基準は300mlから500mlです。
基準以上の尿も風船のように伸びて溜められますが、あまり大量の尿を溜めることを繰り返していると風船がヨレヨレになって伸び縮みの能力が失われていきます。
そうすると尿を溜めようと思ってもヨレヨレになった膀胱が伸びなくなってしまうので、少しの尿も溜める事が出来なくなり結果切迫性失禁に繋がります。
だいたい1日の尿の量は1000mlから1500ml以上だそうなので、尿の回数が2回だと少なくとも500mlの基準最高値を毎日溜めていたのでその分膀胱にダメージが及んでしまったのでしょう。
泌尿器科にはちゃんと切迫性失禁に対する治療法があります。
たとえば膀胱の伸び縮みを他動的に行う力を持った薬などを処方してもらえます。
ですのでぜひ診察を受けてください。
あと念のために申し上げますが、尿の量を減らそうと水分摂取を過度に制限するのは絶対にやめてください。
体重などによりますが、小柄な人の場合は700mlから800ml、多少余裕を見て1000ml程度が身体の老廃物を流し出すために必要な尿の最小限度量です。
本当にこれは限界ギリギリの最小量なので質問者さんが小柄でも毎日700mlの尿量にするのは辞めた方がいいです。
最小限度量以下になると老廃物をきちんと流しだすことが出来ず、今度は老廃物を処理する内蔵である腎臓に凄まじいダメージがかかってぶっ壊れます。
腎臓が壊れると根本治療は腎臓移植しかありません。
腎臓移植はそうそう出来ないのでほとんどの場合は壊れた腎臓の代わりに週数回数時間に渡る人工透析が必要になりますが、そうなるとさらに就職するのに困難な点となります。

悩みを解決する方法を紹介します。(YOUTUBEより)
https://www.youtube.com/watch?v=zJbmRdRX564>

強迫性障害といわれパキシルを処方されたのですが、悪評が高く怖いです。

強迫性障害といわれパキシルを処方されたのですが、悪評が高く怖いです。
私の場合、仕事もしていて、強迫性障害でも重症ではないと思うんです。
ただ疲れてしまうし嫌気がさしストレスになるためどうにかいい方法がないかと心療内科を受診しました。
そんな強いお薬を出されてしまい怖いです。
3日は飲んでみたのですが、怖いと思いながら飲んでるため3日間パキシルのことばかり調べて考えて不安がより一層強くなってしまいました。
社会生活も送れないようなしんどい辛い方が飲むものではないのでしょうか?私は財布の中身、バックの中身、スリッパの向きや歯ブラシの向き、落とし物をしたようで何度も確認などその他もろもろ…の確認行為が疲れて治したいですが、狂いそうにしんどいわけではないので、重度の人に比べれば軽いんだと思います。
まだ未婚なので若くして薬漬けのようになるよ!と母親にも言われてしまいました。
ちなみに、普段は不眠でマイスリー、出張などでホテルに泊まるとき眠れない不安でしんどい時ソラナックスを頓服薬として服用しています。
(内科で処方してもらっていました。
)乱文ですみませんm(_ _)m詳しい方どう思われますか…ご意見聞かせてください…悩んで悩んで仕方ないです。

こんにちは。
質問内容から強迫性障害は軽度のようですね。
パキシルという抗うつ剤は強迫行為や強迫観念を緩和し、日常生活をスムーズに送れるように手助けすることが目的で処方されたと思います。
しかしながら軽度の症状でも、放置をしておくと悪化してしまう可能性が大きいです。
根本治療薬ではありませんが、その点でパキシルを服用するメリットはあります。
ただ、パキシルは身体に合わないと大変辛い思いをします。
最初の服用時の副作用を乗り越えても、減薬・断薬時に厳しい離脱症状が起きる可能性はあります。
代わりのお薬として同じ系統のデプロメール、ジェイゾロフトあります。
個人差はありますが、こちらの方が飲み始めや減薬・断薬は楽だと言われています。
こちらのお薬に変更をお願いしてみてはどうでしょうか。
同時に強迫性障害の根本治療に有効なのは心理療法(カウンセリング)です。
主治医と相談して、強迫性障害に有効なカウンセリングを行える医療機関を紹介してもらってください。
もしかしたら不眠解決の一助になるかもしれません。
将来のためにも、今のうちにしっかり対処してください。
お大事にしてください。

薬に対する不安は確かに強いですね。私も10数年前「デプロメール」と「セパゾン」を
処方され服用しました。病名は「強迫神経性」(現在は強迫性障害)です。

自分の異常に気がついて「家庭の医学」を読んでいたので、分かっていました。
「確認行為」「汚れに対する不安」「数字に執着する」など、日常生活も送れないほど
疲れきっていました。
病名を知ってから約5年後、精神科を勇気を出して受診しました。
薬を服用してすぐに症状は改善し、今までの悩みや不安が嘘のように無くなりました。
治った!と勘違いしてしまうくらいに・・それからすぐに薬に対する不安感
精神科に通院している後ろめたさなどから、通院を止めてしましました。→強迫行為・強迫観念が出てくる。

それから地元の精神科で初めて「パキシル」を処方されから10年くらいが経ちました。
症状はありますが、飲み始める前とは比べものにはなりません。

質問者様の薬に対する不安やお母様の意見は当然の事であると思います。ネットでも
「パキシル」に関わらず向精神薬に関する意見は様々なものがあります。

パキシルに関して

ni_mitsuhiroさん のおっしゃる通りだと思います。
強迫性障害にも「パキシル」などのSSRIが効くらしいとの事で医師も使われているみたいです。

パキシルは効果が出てくるのに時間がかかる(個人差もかなりあるみたいです。)

数年前には「パキシル」を未成年者に投薬する際の危険なども新聞に掲載されておりました。

認知行動療法などが有効とされていますが、行動療法をしている医療機関は少ないみたいですね。

あっ・・まだまだ書きたいのですが、数日まえからキーボードの汚れか気になって仕方ありません。
正直疲れています。汚れていないのは確認できているんですが・・・脳がそれを許してくれません。
キーシートなどの購入も考えていますが。。。。あまりタイピングするとキーボードが・・・
汚れてもいいんですが、辛いです。。

辛い病気ですね。。

【訂正】一行目のデプロメール→アナフラニールの間違いでした。>内海聡先生の今日も、精神科はやりたい放題という本読んでください。

薬はすすめないです。
薬は怖いです。
人生だいなしにしないでください。
ソラナックスだって、依存、止めるときに激しい離脱がおきて地獄です。

うちの主人も強迫性障害ですがあまりにひどい症状じゃないので薬飲みません。
薬漬けになる方がよっぽど怖いですよ。>確かに強迫性障害ですね。
だから、数ある抗鬱剤の中でも最も強迫性障害に効果があるのではないか?と言われているパキシルが処方されたのだと思います。
ただ、パキシルの服用では注意点があります。
1日の処方量が不明ですので、深くは語れませんが、パキシルは、効き方が非常に独特で、服用開始後の2週間は、最初に副作用(嘔吐感等)が出て、続く2週間で、副作用と効果が逆転すると言う変則的な効き方をします。
従って、1度に多量のパキシルを処方され服用してしまうと、いきなり副作用(嘔吐感等)に襲われて、先に進めなくなるリスクを負っていることをご認識下さい。
それから、強迫性障害なのに、何故?抗鬱剤のパキシルなのか?疑問に思いませんか?
一般論として言われているのは、こと強迫性障害については、これに効くと言う薬がないからで、これが定説だと聞きました。
そんな中、パキシルは抗鬱剤の中でも強迫性障害に効くのではないか?と期待されているだけの薬で、強迫性障害治療への実効性が必ずしも実証されているわけではありません。
上手く使えば、軽度の強迫性障害ならば、パキシルで応じることは可能かもしれませんが、元々が抗鬱剤であって、強迫性障害の治療薬ではない点もご認識下さい。
あと、僕は強迫性障害で貴女と同じ「確認強迫」ですが、この部類は、軽いと思っていても、何かのきっかけやキックで突然に異常な状態に移行することがありますので、軽いからと決してあなどってはいけません。
僕がそうでしたので。
強迫性障害には、一般的には薬が無いと言うこともあり、訓練療法が非常に有効です。
行動療法とか認知行動療法と言われるもので、一種の心理的耐性訓練です。
僕は、ずっと抗鬱剤によって強迫性障害を何とかしようと試みてきましたが、全く成功せず、入院をしていた時の終盤に大学病院で強迫性障害を専門に扱うドクターを紹介して頂き、そのドクターのもとで行動療法を行いました。
訓練自体は非常に辛いものでしたが、投薬治療をやってきた時間は一体何だったんだ?と思うくらい、短期間で快方に向かいました。
ですので、言えるのは、軽度だからと考えず、その段階で潰してしまった方がいいですし、そのためには、投薬ではなく訓練療法を手掛ける病院なりクリニックを受診されることをお勧めします。
訓練療法は、入院して行えば、より短期間で治癒が可能ですが、そうでなくても、外来であっても可能ですし、投薬治療に比べたら改善効果は歴然としています。
何故?こんなにも訴えるのか?と言いますと、僕のように重症化してしまうと、強迫性障害は生活や家庭、職場と言ったものを破壊してしまうからです。
ですから、軽度のうちに、潰してしまうことが非常に大切なのです。
参考になったかどうか?分かりませんが、僕の経験談も踏まえて意見させて頂きました。
質問は、パキシルについてでしたが・・・済みません。>

強迫性障害について。

強迫性障害について。
私は強迫性障害を患っているのですが、人前にたったり、授業中に挙手をして発表するのがすごく苦手です。
おかしいこと言ってるのではないかとか、変な奴だと思われてるのではないかと思うとすごく怖いです。
これは強迫性障害のせいなのでしょうか?回答お願いします。

そうかもしれませんね強迫性障害に関しては、本人の治したい、治そう、という強い意志が一番重要なのです。
その気持ちがあれば、多少時間はかかるかと思いますが、大丈夫、がんばれます。
無理かもしれないと不安になることもありますが、結構人間だってすごいんですよ。
私も、真っ暗でどこを探しても出口が見えてこなくってほんとにつらかったんですけどね、今じゃそんなころがうそみたいです。
http://forestsleep.link/kurikaeshi/応援しています。

ありがとうございます!>どちらも「逆説志向」で治せる神経症です。

精神科医が書いたブログを紹介します。

「ギャクセツ シコウ」と読む。ロゴセラピーという精神療法の技法である。ウィーンのV.E. フランクル という精神科医が数十年も前に創った。

社会不安障害、強迫性障害、赤面恐怖、対人恐怖、過呼吸発作、パニック発作、書痙(しょけい:人前で字を書こうとすると震えてしまうような症状)、吃音(どもり)、閉所恐怖などの症状にお困りの患者さんに劇的に効果がある。

もうこんな精神療法の一種があることも、「逆説志向」などという言葉を知らない精神科医が多いのではないか?

最近では、上記のような障害には、薬物療法を中心として、精神療法的には認知行動療法、内観療法などが主として行われるが、なぜこの治療法があまり用いられなくなったのか?不思議である。

あまりに劇的に効果があるので、はやらなくなった?? 薬物療法を続けておくほうが当然医者としてはエネルギーは少なくて済む?

むしろ、V.E. フランクルといえば、「夜と霧」というほうがご存じの方が多い。一方でこのような素晴らしい、精神療法の技法を残しているのである。

精神医学大辞典(講談社)にはその理論として、以下の様に説明している。

「不安神経症(現在のパニック発作に相当するであろう)の患者は不安発作を恐怖し予期不安におびえてこれらの不安から逃れることに腐心し、強迫神経症(現在の強迫性障害に相当するであろう)は強迫に対して不安を強め、強迫観念を抑えつけようとたたかう・・・・・、このように不安から逃れようとすればするほど、強迫に逆らえば逆らうほどかえって不安や強迫は強化され・・・」症状は悪化する。「これに対して、逆の方向に志向しようと努める。・・・もっと不安にもっと強迫的になろうとする。」

このように非常に逆説的である。

精神医学大辞典だからこのように大変わかりにくい。簡単なことを、難しそうに説明しようとするのが学者の役目である。

だから、わかりやすいように、多くの場合以下の様な図を書いて患者さんに考えてもらう。

症状:(強迫性障害、赤面恐怖、対人恐怖、パニック発作、書痙、吃音、閉所恐怖、電車に乗れない、飛行機に乗れない、過呼吸発作・・・・) ↑

変な風に見られる、格好が悪い、人に見せたくない ↑

隠そうとする、やめようとする ↑

また、症状が出るのではないか。(期待不安):不安の増強 ↑

↓ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒

期待不安がキーワード

上記の悪循環を断ち切るためには、どこを切るのが最も手っ取り早いか?

そしてヒントとして、多くの患者さんは、診察室に入るやいなや、この症状を隠そうとしないで積極に症状について話していることを指摘する。診察室では症状は出ない、なにしろ患者さんは症状を治療者に見せなければならないのだから。 そこで多くの方は「ハッと気がつく」、そう医者の前では隠そう、やめようとせずむしろ積極的に見せているからである。

そこで、症状の復習、私の前で、患者さん本人の症状を出す練習をしてもらう。診察室の中で確認:強迫性障害、顔を赤くする:赤面恐怖、対人恐怖、パニック発作:パニック発作、書痙、吃音、閉所恐怖、電車に乗れない、飛行機に乗れない、過呼吸発作・・・・、多くの場合、出そうとすればするほど、症状は消失してゆく、後は「もっと自信を持って、症状を出す練習を、さらに次回までの宿題としてお願いしておく」、たいていの患者さんは、数回この様なセッションを行うと、症状は消失するか、軽快する。

最初、患者さんは、たいていこの話をすると、懐疑的あるいは心配でその一歩を踏み出せない。だから、薬物療法を少し、ほんの少し行うと、「宿題をする際」に踏み出しやすくなる。

大体1~2週間に1回、数回くらいで軽快状態に入る。 症状が軽快し始めたら、薬物療法のやめてゆき方を指導する。うまくいったら「卒業」である。だいたい数カ月、本当にうまく行けば、1~2回のセッションで「卒業」する。

この治療法は、V.E. フランクル著:高瀬博、長瀬順治 訳「現代人の病」―心理療法と実存哲学―(丸善)に詳しい。当院に来院しなくても、うまく理解できる方ならこの本をお読みになることをお勧めする。

学生時代、二日酔いで苦しむ私に、ある同級生が「お酒を一日飲んだだけで、二日も酔っていられるなら、それは幸せであると考えろ」と言った。これもある意味、逆説志向、私も二日酔いになるほどお酒を飲まなくなった。

ご本人の了解をいただいたうえ、ご本人と同定できない程度に改変してあります。

文献

1)精神医学大辞典(講談社)

2)V.E. フランクル著:高瀬博、長瀬順治 訳「現代人の病」―心理療法と実存哲学―(丸善)

(ブログの終わり)

「逆説志向 向井メンタルクリニック 症状」で検索すれば,色々な治療例が出てきますよ。>

私は強迫性障害なのでしょうか?

私は強迫性障害なのでしょうか?家に私以外いない時に私も出かけようと思ったら、家を出る前に何度も何度も点検をしてしまいます。
火、水、電気、鍵、全てを確認して家を出ようとしたら、また嫌な 予感? 事を考えてしまってまた確認に戻ります。
強迫性障害の症状等くわしく教えていただきたいです。
それと、最近物忘れが激しいんです。
普通の人が忘れるような事もすぐ忘れますし、最近では 階段を上ったことや横断歩道を渡ったことも忘れます。
階段を登り始めたと思ったらもう登り終わっていたりします。
これはただ単に物忘れが激しいだけなのでしょうか?正直、こんな自分が怖いです。

それは、強迫性障害の症状で「確認」です。
私も強迫性障害、確認が酷く1日中やってました。
大丈夫だと頭では分かっているけれど、止められない!それは強迫性障害です。
1度、病院で相談されると良いと思います。
そんな私は薬物療法で、強迫性障害が治る事が出来ました。
今では強迫観念は、全くありません。
(マジで)何であんなに確認していたんだろう…と、不思議です。
ご参考まで。
強迫性障害は治ります。
ご自愛下さい。

私は強迫性障害を患っているのでしょうか?

私は強迫性障害を患っているのでしょうか?私はとても神経質です。
特に自分の体の変化に敏感で、確認行動がやめられません。
例えば、少しでも体調に変化があると病気を疑ってしまい、自分の症状についてずっとネットで検索してしまいます。
(そこで恐ろしい病などの結果がヒットすると、不安で更に検索を繰り返してしまいます。
)特に今、自分の無意味な行動で一番困っているのがデリケートゾーンの確認です。
実は私、デリケートゾーンにニキビなどが出来やすく、昔から色々と悩まされてきました。
更に黒子などもある為、メラノーマが心配で最近は痛みや痒みといった自覚症状もないにも関わらず、ただ異変がないかどうかの確認をしたいが為に一日に何回も鏡で自分のデリケートゾーンを見てしまいます。
見たって何も変わらないし、それは無意味な行動だと頭では分かっているのですが、腕や足と違ってしっかり見ようと思わなければ見れない場所なだけに「何か出来ていたらどうしよう」「異変が起きていたらどうしよう」という不安で頭がいっぱいになり、確認せずにはいられません。
それで、確認して「大丈夫」と安心しても少し時間が経つとまた見たい衝動に駆られてしまい、結果同じ行動を繰り返してしまうのでそれが自分でも凄いストレスなのです。
昔から神経質だったりこだわりが強いところがあって、物の定位置や順番を決めないと気が済まなかったり、誰かに物を送る時は宛先を何度も確認しないと不安になったり、ふと、「あれどこにしまったかな?」と思い立つとそれを見つけるまで気が済まなかったりと自分の行動に辟易すると事があります。
とにかく上記の行動がやめられず、悩んでいます。
本当は見たくないし、無意味な行動をやめたいです。
やはり私の行動は強迫性障害に当たるのでしょうか?客観的に見て、どう思いますか?もしそうなら、どうやって直せば良いのでしょうか。
アドバイスいただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。

初めまして、バーニング佐藤と申します。
私は、強迫性障害歴23年です。
今回、あなたの質問を読まして頂きましたが、まず強迫性障害で間違いないと思います。
でも、落胆はしないで下さい。
強迫性障害だけでなく、全ての精神障害に言える事だとは思いますが、治療への第一歩は、自分は病気であるという事を認識する事から始まると、私は思います。
それには、先ず勇気をもって精神科を受診することをお勧めします。
私の記憶が間違えでなければ、強迫性障害は40人に1人かかる病気です。
私も含め、あなたの様な症状をうったえてる人は沢山います。
そして、この病気はかなり昔から研究され、治療法も明確ではありませんが、あります。
何度も言いますが、落胆しないで下さい。
必ず、これから良くなります。
それには、先ず精神科を受診しましょう。
別に恥ずかしいことではありませんし、あなたは別に頭が狂っているわけでもありません。
風邪をひいたら、内科に行く。
心が病んだら、精神科に行く。
ただ、それだけのことです。
強迫性障害の治療法は大きく分けて2種類です。
認知行動療法(カウンセリング)と薬物療法です。
私の体験から言わして頂くと、認知行動療法は苦しみを伴います。
薬物療法は楽です。
しかし、自分に合った薬、自分に合った量、それを探すのに時間がかかります。
私も、何種類の薬を飲んだか分かりません。
あと、薬には作用もあれば、当然副作用もあります。
が、あくまで自分の意見ですが、苦しい強迫観念、強迫行動から考えれば、薬の副作用なんてどうでもいいです。
私は、治療の甲斐があり、なんとか人並みの生活が送れています。
私の回答が役に立ったかどうかは分かりませんが、あなたの病気が良くなることを祈っています。

強迫性障害と言いましょうか、
病気不安症(心気症)と言いましょうか、、。

しかし、誰でも多かれ少なかれ、その様な事は有る物です、、。

気にするなと言われても、気にしてしまうのが病的心理なので
厄介と言えば、厄介です、、。

病気に罹ってしまった後は、どうなると思いますか?

言わずもがな、病院に受診して治療するだけです。
治療が出来ない場合は、最悪、死に至る事もあります。

ですが、多くは治療可能な疾患が殆どで、命を失う
確率の方が少ない物なのです、、。

病気に罹っても良いではないですか?
なぜなら、治療すれば良いだけなのですから、、。>この様な行動は強迫行動といいます
強迫神経症特有の行動です

他の物に興味を持ってください>

強迫性障害についての病院での相談の仕方

強迫性障害についての病院での相談の仕方閲覧頂き有難うございます。
かれこれ10年程強迫性障害で悩まされて来て、今までは薬に頼らず自力で克服しとうと努力して来ましたが、一向に改善の兆しが見られずとうとう本日精神科(心療内科)の予約をしてしまいました。
強迫性障害の事で医師の方にはどのように口頭で伝えればよろしいのでしょうか。
私自身説明が上手くはないので、一度で相手に伝えたい内容を理解してもらえる事はほとんどありません。
具体的な症状としましては以下の物が私の中では目立ちますが、記載されている内容以外にも似たような事がたくさんあります。
・家の中や外を歩いていて、途中で何かを落としてしまったのではないか等気になり何度も来た道を戻ったり何度も鞄の中を確認したりします。
(鞄の中を確認している時にも探している最中鞄から何か物が落ちたのではないか等と気になり、結局何十回と自分が納得するまで確認が続きます。
)・駐車場に車を停める際、エンジンやハザードランプ等はきちんと切ってあるか等が心配で頭から離れず酷い時では20、30回近く車に戻って確認したりします。
(施設の中に入っても不安が頭から離れませんので出たり入ったりを何度も繰り返し、他のお客さんや店員の方に変な目で見られる事が多々あります。
)このような行為が完全に気にしなくなるまでとは言いませんが、少しでも軽減出来れば大分日常生活も変わってくると思っておりますので今回意を決して受診を決めました。
明日の午後から受診が決まったのですが、医師の方にはどのようにして伝えればいいのか不安です。
私以外にも他の患者さんも多数いると思いますし、時間内にきちんと伝える事が出来るか不安で仕方がありません。
相談の仕方について詳しい方がいらっしゃれば、是非ご教授願えれば幸いです。
また強迫性障害の相談は【精神科、心療内科】でよろしいのでしょうか。
分かりづらい文章で大変恐縮ですが、ご回答を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

言い忘れる事が多々あるかと思います。
はじめての受診ですので。
今書かれていることを、メモに書き上げ先生に見せれば、先生より質問が始まると思いますので。
メモを見せれば良いですよ。
強迫性障害は脳の伝達網の乱れから来ることが有りますので、伝達網を良くする薬を飲めば軽減するかと思います。
精神科で正解です。
他に体に疲れやしんどさが有るならばそれも伝えて下さい。
判断の基準はその行為で生活に支障をきたしているかです。
強迫観念と診断される場合も有ります。

ご回答有難うございます。

メモに書き上げて医師の方に見せると言う事は良いかもしれませんね。
参考にさせて頂き、活用させて頂きます。>

強迫性障害?

強迫性障害?27歳の主婦です。
ガスの元栓を閉めたか、戸締まりしたか、ストーブや電気を消したか、などの確認癖が酷く、とても疲れます。
もう、確認のしすぎで物が壊れてしまうのでは?と思う程です。
自分でも目で見て、もうOKだと分かっているのに、異常だと分かっているのに、やってしまいます。
ガチャガチャと何度も確認したあと指差しをし、良し、良し…と、またひとつひとつ確認してしまいます。
外出をしてから不安になり、また自宅に戻ったりして、大事な約束に遅刻してしまったりする事もしばしば。
一番辛いのは、寝る前に携帯をマナーモードにしたかの確認。
布団に入り確認をし、良し!と思って携帯を置くのですが、またやっぱり気になり、確認してしまい。
それを10分位繰り返してしまいます。
とても眠い時なんかは、本当に辛い。
全てにおいて、確認しているうちに【あーもう嫌だ!】とイライラします。
けどやめられません…。
調べていたら、強迫性障害の事を知りました。
私は、いつからこうなってしまったのかも分かっています。
まだ夫と付き合いたての頃に、私が自分の財布を忘れた事があり、馬鹿なんだ。
頭が悪い。
とものすごく怒られてからです。
それから、それまで全く無かったこの確認癖?が始まりました。
夜中寝ている時に私の携帯が鳴って、夫が目を覚ましてしまい、ものすごく怒られた事もあり、それが上記にあるマナーモードの確認につながってるんだと思います。
その頃は確認癖もそれほど酷くなかったのですが、夫と一緒になり8年、だんだんと酷くなり、今が一番酷いです。
夫からは、一回確認すれば分かる事だろ、おかしいからやめろ、と言われ。
4歳の子供にも、また~?とかママ何回やるのよ~(笑)と言われ。
本当に疲れます。
私の様に、自分でも異常だと分かっていて、原因も分かっている。
それでも、強迫性障害だとゆう事もあるのでしょうか?また、原因だと思われる夫の協力なしに治るものでしょうか?優しい回答をお願いします。

強迫性障害だと思います。
わたしも強迫性障害でした。
わたしの場合、何か行動をする際いちいち縁起の悪いことが頭をよぎり、縁起の悪いことが起こらないためになんども同じ行動を繰り返す…というものでした。
朝布団から出るのにも20分くらいかかり、お箸を持つのに5分かかり、靴を履くのに5分かかり…というようなかんじでした。
もちろん、おかしい行動をとっているという自覚はありました。
治したいと思ってもなかなか治らず、7年間も悩み続けました。
病院に行っても治らず途方にくれていましたが、大学に入学したと同時にパッタリと治ってしまいました。
環境が変わったのと受験というストレスから解放されたからかと思います。
自分でも驚きでした。
それからも、たまに症状はでたりしましたが、以前ほど酷くなく、だんだん減っていきました。
もしかしたら、やらなければいけないけど不安でやる気にならないことを片付けたり、環境が変わると治るのかもしれないと思いました。
きっと、治ると思います。
治らないなんてことはないです。
家族には、強迫性障害を理解してもらうべきですよ。
外出先で強迫観念が浮かんで、それを打ち消す行動なんてできませんから、その分家での行為がメインになっていませんか?わたしはそうでした。
だからこそ、家族にはわかってもらえないとキツいです。
それと、奥田英朗さんの『空中ブランコ』という本を読んだことがありますか?強迫性障害の方がたくさん出てくる小説です。
わたしはこれを読んで、ああ、強迫性障害で悩んでいるのはわたしだけではないなと少し安心しました。
オススメです。
あまり焦らず治していくといいと思います。
応援しています!

私もそうですよ。

私の場合は、病院に行かず、ナントカ付き合っている感じです。

もう、20年ぐらいかな~。

ストレスがたまると、ひどくなります。
例えば、慌てて外出しなければならない時ほど、確認癖が酷くなる。
イライラしている時もひどくなる。

原因が旦那様なら、まず話してみてはいかがですか?
旦那様が理解してくれれば、ちょっと楽になるかもしれませんよ。

あとは、「確認しなければ、まずい物と大丈夫なもの」を分ける。
例えば、暖房器具をつけっぱなしで出かけると家事が心配だけど、蛍光灯はちょっと電気代が無駄になるだけですよね。

外出の時は、チェックリストを作り、指さし確認、声を出して確認、確認したことをノートにつけるなど、違う形での確認するといいですよ。
外出時も、そのノートを見れば、少し安心できます。>正に強迫観念ですね。わかっていてもやめられないのが、典型的な症状です。心療内科で相談できますよ。>ご自分だけで治されるのは難しいかと思います。
旦那さんと一緒にカウンセリングに行ってみてはどうでしょうか。
ご質問を見る限り、旦那さんは少し口調がきつい方のようですね。
私の父もそうなのですが、そういう人間は自分がどんな言い方をしているのかわかっていないはずです。
言い方がいやだなと思ったらやんわりでもいいので、そういう言い方はやめてほしい、すごく辛いと言ってみると旦那さんも少しは反省してくださるかもしれません。>

強迫性障害の症状で困っています。

強迫性障害の症状で困っています。
とにかく自分のせいで他人を傷つけたり、自分のミスで恥をかくのが怖くて仕方ありません。
心療内科へ行ったところアビリットという薬を処方してもらい、2週間ほど服用したのですが、あまり効いている感じがしません。
このまま服用を続けるべきでしょうか?それとも薬を変えてもらったほうがいいでしょうか?

強迫性障害で、アビリットですか?アビリットは、胃薬、抗うつ薬、統合失調症治療薬の薬で、一般には強迫性障害には不向きだと思います。
薬でお困りなら、1度、主治医に良くお尋ね下さいね。
私は酷い強迫性障害でしたが、薬物療法で治る事が出来ました。
SSRIのジェイゾロフトと向精神薬のエビリファイの組み合わせです。
今では強迫観念は全くありません。

治療のしはじめなので、最初から強い薬は普通だしません。

今の薬で効果をイマイチ感じないのであれば、次回受診時にその旨を伝え、あなたよく効く薬を探っていくと思います。

精神科系の薬は飲み始めてから2週間位で効果を感じ始めてくるので、もう2週間経っていますから、受診して相談してみるといいとおもいます。>

強迫性障害について。

強迫性障害について。
高校生の息子が強迫性障害のような気がしています。
・出かける前に何度も何度もトイレへ行く。
・忘れ物がないか不安になる(その割にはよく忘れ物をする)。
・日に何度も何度も長い時間手を洗う。
ネットで調べたら心療内科などへ行くのがいいようですが、その前に強迫性障害のことが知りたいと思い、色々検索して「MSCメンタルサポートセンター」という強迫性障害専門のHPを見つけました。
無料で6回のメール講座を配信してくれるそうですが、有料サービスの案内もあるそうで、そういう勧誘は怖いので無料講座の申し込みを躊躇しています。
どなたかこの無料メール講座を申し込んだことがある方がいらっしゃいましたらこちらのサイトがどのようなサイトで本当に安全安心なのか教えて下さい。
補足また、同じく強迫性障害のお子さんをお持ちの親御さんの体験や助言などもいただければ助かります。

強迫性障害についての本を読めばいいのでは。

自分勝手に下手に関わって悪化させるより、きちんと精神科で相談するのがいいでしょうね。。>

強迫性障害について質問です。

強迫性障害について質問です。
私は強迫性障害になって7年程経ちます。
主な症状としては、職場に嫌いな人間がいて、毎日仕事から帰って来るたびにその嫌いな人の「誰々菌」と「局ソワ菌(生殖器)」妄想に苦しめられています。
誰々菌や局ソワ菌が付いたままだと自分がその嫌な人間になってしまうんじゃないか、身体の一部を乗っ取られてしまうんじゃないか、彼女やプライベートの物(衣服や布団など)が汚されてしまうんじゃないかとか色々気になって仕方がないです。
仕事から帰って来てはアルコールティッシュがなければ鍵も開けられません。
触ったところやスマホもアルコールで拭いたり、お風呂もちゃんと洗えたか不安で何度も洗いますし、シャワーヘッドや蛇口も石鹸で洗ったりするので3時間は入ります。
友人に聞いても「そんなものあるわけ無い、全部妄想」と言われその場では納得するんですが日が経つとやはり気になって仕方がありません。
妄想なのはわかってるのですが不安で仕方がありません。
嫌いな人に執着し過ぎでしょうか?妄想を膨らませ過ぎでしょうか?そもそも誰々菌と局ソワ菌ってなんでしょうか?やはり私の妄想でしょうか?学生の時は強迫性障害ではなく毎日平和でした。
あの頃みたいに何も気にしなくなりたいです。
病院や投薬治療も考えていますが金銭的に余裕が無く今すぐには行けません。
どうか皆様のお力添えお願いいたします。

強迫性障害は囚われれば、囚われるほどドツボに嵌り、固執し逃げられなくなります。
どこかで、そんな物はないと分かっていながらも、その存在から逃げられなくて苦しいんでいらっしゃると思います。
心療内科で診断してもらい、その証明書を役所に提出すると、少ない金額で通院出来ます。
まずは心療内科にお金の事も含め相談されてはどうでしょう?収入によりますが、通院と薬で上限3000円、5000円、1万円までとかにして貰えます。
(各自治体で違うかもしれませんが、こちらでは自立支援としてサポートされています)質問者様の症状だと、薬に頼った方が少しは楽になれるかと思います。
お力になれば幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする