双極性障害の方で充実した人生を送れている方いますか 私は双極性障害…双極性障害

双極性障害の家族との付き合いに関して。

双極性障害の家族との付き合いに関して。
つい先日、たまたま実家から私の住むアパートに来た母親を医療保護入院といった形で入院させました。
そこで躁鬱病、つまり双極性障害と診断を受けました。
最終的に、暴力を振るわれ、警察と一緒に保護し、本人が嫌がるにもかかわらず入院させた形です。
今もまだ病識がなく、退院したがっているようです。
鬼め、悪魔め、お前のようなやつとは縁を切ると罵る声が今も頭に残るようで、涙が止まりません。
病気のせいでこのような言動になっているとはわかっていますが、事情を知る友人や遠くに住む姉などは現在の実家に近いところから、母親の手の届かない遠くに住居を移したほうがいいのではないかと言っています。
母親への同情なんかで私の心が壊れていくのをこれ以上みていられないと。
もしかしたら軽く共依存関係に陥っているのかもしれません。
もしも以前のように罵られたり、人格を否定されるようなことを言われたら、と不安に感じ離れたいと感じる一方で、遠くに離れることで母親を見捨てることになるのではないかと、離れがたく感じるという矛盾した気持ちを抱いています。
どちらの気持ちが強いかと言われると、今回のことで少し離れたい気持ちがやや強いようです。
が、迷いがあります。
迷いを振り切るため、ではありますが、特に同じように家族で同居など近くで支える決意をされた方、もしくは遠くでも支えている方の意見をお待ちしています。
また、同じような状況でなくとも、自分だったらこうするという意見もお待ちしています。

お姉さんによく相談して、お姉さんの意見に納得できたら、離れるべきです。
お母さんは、病気ですから、普通では無いのだから。
貴女1人の力ではどうにもならないですよ。
貴女の人生を考えていいのではないでしょうか。

あまりにも酷い状態なら強制入院をさせるべきだと思います。
入院をさせているので正しい判断だと思います。
躁鬱の本人も辛いですがそれを支えてる回りの人のがそれ以上に辛いと思います。
深く受け入れてしまいますと質問者様も精神的に参ってしまいます。
酷い時は家族内ならまだしも外部への被害を出す可能性ありますので書き込みを見る限り酷い躁状態だも思いますので回りの事も考えて入院をそのまま継続させた方が本人にも回りにも良いと思いますよ。>私は同病で任意で入院しました
貴女様のお母様は保護入院なので医者と県知事の許可が無いと退院できません
ましてや病識が無いという事なので無期限の入院になると思いますが?
私の場合で話ますが頭の中は出たくて仕方ないのです。
貴女の事は二の次なのです。
もし退院となると病院のケースワーカーさんと自治体の福祉課が連携して今後の
お母様と貴女様のより良い方向を考えてくれる筈です。
先に貴女様の方から両者にアプローチをしてみてはいかがでしょうか。
離れるとしても夜逃げ状態になるだけだとおもいますよ。>退院の頃には鬱になっているかもしれません。
そしたら今までが嘘みたいにおとなしくなっていると思います。
話し合いが出来る状態であれば、今後についての治療や病気について話した方がいいと思います。
それでお母さんが治療に前向きで、あなたのいう事に従って生活をしてくれるというのなら、そのままの生活を変えなくていいのではないでしょうか?
ただその後、お母さんの自己中な態度が出て病気が悪化(躁の再発)するようなことがあったら、その時は見捨てればいいと思います。

うちの夫も同じ病気でひどい時は同じように暴言がひどく、心がズタズタになりました。
でも状態が安定したころには、その時に言っていたことややったことはほとんど覚えてなかったのです。(暴言については一切覚えてない。嘘ではないと思います。)

うちは夫婦なので次回同じことがあったらおしまい(=離婚)は覚悟していますが、血のつながった親子はそういうわけにはいきませんから、遠く離れたからと言って縁が切れるわけではないので大変は続くと思います

入院が強制なら退院は先生の許可がないとできないので、まずは先生ともよく話し合ってみてください。>お母様の治療は病院、医師に任せておいて、あなたは別居したほうがいいでしょう。お母様が原因で、あなたの将来も無茶苦茶になりますよ。>暴言暴力が酷ければ酷いほど共依存に陥りやすいようです。
うちの実家は完全に共依存状態です。

そんなお母様を抱えていては結婚も出来ないでしょう?
犠牲になってはいけません。
ご自身の幸せを求めるべきです。>

双極性障害Ⅱ型で数年治療中です。

双極性障害Ⅱ型で数年治療中です。
治療のベースは気分安定剤ですが、なかなか安定しません。
うつor躁が強いときに、抗精神病薬を一度に一種類ずつ、数種類試したのですが(いずれも双極性障害の治療に一般的に使用されるものです)どれも低用量から開始したにもかかわらず、眠気が強く仕事中に廊下に倒れて寝てしまったり、他の薬では、ジスキネジア、他の薬ではパーキンソン様症状、他の薬では38℃台の発熱…などの症状が出て、いずれも日常生活を送ることができず、すぐに中止となりました。
高齢者や脱水などではなく、代謝も正常なのに、抗精神病薬に過敏に反応してしまったり、副作用が出やすいのには、何か原因があるのでしょうか?こんなに副作用が出るのは、病気が脳の機能の問題ではなく自分の性格の問題だからではないかと考えてしまいます。

私の経験ではジプレキサはその手の副作用少ないです。
そして鬱の時は抗精神病薬ではなく少量の抗うつ剤を使います。
あと、同病の一卵性双子の兄弟がお酒をやめたら副作用が出なくなりました。
もしお酒を飲まれているなら断酒するといいかもしれません。

ご回答ありがとうございます。私はジプレキサが合わず、振戦、歩行困難で内服継続できなかったのですが、合う方には副作用が少ない良いお薬なのですね。お酒は一切飲まないので関係なさそうですが、気をつけます。>気分安定薬の投与で他の薬はあまり投与されないのが、今の流れですでも、気分が落ちた、上がったで薬を追加してコントロール不能になるのです私の考えですが、薬はある程度自信を持って投与できる人に出してもらわないと効きが違うように感じます!プラセボかも知れませんが・・・それと、双極性障害はある程度リズムで波があると言われてます周期もあるでしょうし、時期もありますなのでこの周期を掴めれば、予知、改善、コントロールが出来るかも知れません>見聞した内容なので、参考程度になさってください。一応、内容は専門家の方からアドバイスされた事です。

精神病の治療は、安定剤1つでも数種類あって、結果的に気分を安定させるものでも、作用する仕組みは異なるようです。

例えば、双極性障害の方に、統合失調症の治療薬(三環系と呼ばれるもの)を投与すると、気分障害が悪化する事がわかっています。

ここまでが聞いた内容です。

以下は、見聞を基に、私の推測が含まれます。

お薬の種類がわからないのですが、
今回は、気分障害の悪化というより、典型的なお薬の副作用が強く出ているように思えます。
このような症状は、どのようなお薬でも出やすい副作用のように思えます。
服薬している薬によっては、肝臓への負荷が高くなったりします。
双極性障害のお薬の種類で、肝臓への高負荷が懸念されるものがあり、定期的に検査をする必要がある場合があります。

数年治療を継続している事から、内蔵の機能が低下している可能性があり、それにより副作用の影響を受けやすいのかなとも思いましたが…

数年間、同じ病院の治療内容で、継続して副作用が出ているのでしょうか。

精神科以外のお薬では、副作用が悩むほど出ていないように想像していますが、
上記にあげたように、病状にあっていない投薬は状態を悪化させる場合があります。

また、病気による感情のコントロールが難しいという事が
お察しの通り、本当に双極性障害が原因なのか、という事もあります。

性格の問題なのか、または、発達障害の場合もあるのか…。
発達障害の場合だと、投薬による治療は難しくなります。
発達障害の方に効果のある薬は、ごく限られているようです。
感情面への作用はなく、主に注意欠陥多動性障害に有効のものはあるが、他には特効薬がないとお聞きした事があります。

…と、治療の困難さを書けば、不安を煽ってしまうかもしれません。すみません。

私は、セカンドオピニオンとして、感情障害が得意な先生に一度今の状況を相談してみてはどうかなと思っています。

薬の効果が実感できない、というのは、病名の精査に貴重な情報だと思います。

各病院のホームページ等で、先生のお名前がわかるかと思います。
その先生のお名前で調べると、先生の論文が出てきたり、今までどこの大学等で学ばれたのか、わかる手がかりとなります。

ご参考になれば幸いです。>副作用に敏感なだけでしょう。>アタマも体質も終わってんな。>精神科で処方されるお薬は、他の科のお薬と比べて副作用が出やすいかと思います。
唇周辺がピクピク動いたり、足踏みしたり、無意味に歩き回ったり、手が小刻みに震えたり。
悪性症候群なども、まれにありますね。

脳にある神経伝達物質に作用するモノが多いですから、というかほとんどそうかな、ですから、ドーパミンなどの影響を受けて副作用が出やすいのかと思います。>

双極性障害ii型です。
40歳で鬱になりました。
3年後双極性障害II型と診断変わりまし…

双極性障害ii型です。
40歳で鬱になりました。
3年後双極性障害II型と診断変わりました。
確かに軽躁はあります。
度胸や実行力が高いです。
軽躁で散財や生の逸脱やトラブル起こします。
反面仕事で高い成果も出してきました。
天才と呼ばれました。
あと五年で退職を目指す事にしました。
住宅ローンを退職金で相殺できます。
子供の教育費も五年で完了ます。
あと5年の辛抱かな。
五年したらプライド捨てて一兵卒で65歳までゆっくり働きます。
妻と二人細々。
疾患が分かり12年、やはりトップビジネスは無理でした。
再発は三度。
なんとか凌ぎ子供を大学までいかせました。
リーマスも認知行動療法も軽躁のスイッチオンには効果ないですね。
必ず軽躁のあとには後悔の鬱期が来ます。
私は四度。
休職は二度。
マネージャー職務も病をごまかしながらやりきりましたが疲弊が酷いです。
今は閑職です。
自分の長い周期と短い周期、年間周期が分かるのでやばそうなときは、キャンセルしたり休養したりして病ではなく個性として付き合えてます。
敵はハードスケジュールやストレスや過労です。
さて?リーマスやラミクタールやデパケン飲まずに双極性障害2型の寛解キープしてる方はいますか?アドバイスくださいな?補足復帰しました。
スッタニパータ犀の尻より。

今、おいくつですか?

無治療の場合の再発率は99%です。再発のたびに重症化し、頭がボケてきます。薬は続けるべきです。>

双極性障害と診断され3ヶ月の者です。

双極性障害と診断され3ヶ月の者です。
先週金曜から3日間鬱で、身体が動かなくて辛かったです。
でも、寝てばかりだと夫に指摘されるので、家事育児、買い物をやってました。
今日になり、やっと気分が晴れてとても元気です。
元気ついでに、ずっと仕事がしたかったので、パートでもしようかって問合せようと思ってるのですが、これは躁になってるからそう思うのでしょうか?やる気と躁状態の違いが分からず、仕事でもすれば、気分も晴れて、また鬱にならないで楽しく過ごせるのではと思っています。
毎日子育てと家事におわれる日々で、昔みたいに仕事がしたいって思いがあります。
次回診察がまだ先なのですが、こういう行動が良いかどうかを聞くために、診察に行くのはアリでしょうか?薬は毎日デパケン200を三回。
鬱や不安時はソラナックスを飲んでます。
双極性障害で詳しいかた、ご助言をお願いいたします。

今の状態ではパートは無理です。
躁転された感じにも見えますね。
翌日がどんな風になるかを見てみない事には躁転しましたよとは言えません。
でも、寝てばかりだと指摘されるご主人は冷たいですね。
子供が4人という事もあって、寝ている事には全く言いませんし、主人は週末は洗濯を手伝ったり、何か手伝ってくれます。
身体障害者なので、やれる事に限度はありますけど。
ダウンして寝てて何か言ってくると「話しかけないで!」と怒ってますよ(苦笑)私は自分で薬を調整してみて、体が少し軽くなったので、先生に話して大幅な減薬になりました。
翌日から怖いくらいに体が軽く、混乱しましたね。
躁転?寛解?薬のせい?と。
でも、調子が良いと言ってもできない事だらけなので、まだうつ状態だと言われています。
デパケンとソラナックスだけだと、鬱の時が辛そうですね。
私はデパケンは全く効果なしだったので、リーマス500mg、セルシン2mg×3回(緊張型頭痛予防の為)、セロクエル 25mg×3回で、私の体にちょうど良いみたいです。
体の不調を感じ急遽予約して、リーマスを600mgに増やしてもらいました。
先生からは、いつでも良いから来て下さいねと言われています。
予約時間が8時半でも、9時半とかでも良いですからねとまで言われてます。
大学病院なのですが、こういう病院て融通きかないイメージがありますが、色んな事で融通を利かせてもらっていて、この病院に転院して良かったと思っていますし、この先生で良かったと思います。
病気にまだ不慣れなでしょうから、安心のためにも診察に行っても、全然問題ないですよ。
先ずは焦らず、数日様子を見ても良いとは思います。
動き過ぎた次の日にダウンしたら、まだうつ状態。
そのまま何日も元気なら躁転だと思っても良いかもしれません。
あとは、躁状態になると自覚できる事と、できていない事があるので、ご主人にも様子を見てもらう事をおすすめします。
私は陽気になり、お喋りになり、片付け魔のスイッチ入ったと思ったら躁転したなと分かります。
主人からは躁転は嫌がられているので問い詰めると、お金のセーブはできているけど、動き過ぎると言われました。
それには全く自覚がないです。

ありがとうございます。
今日も調子がよく、同じく朝から掃除、洗濯がはかどり、1日よく子供と遊びました。
体はくたくた。でも頭が冴えてる。

夜も疲れてるのに眠れなくてスマホいじってるので、躁転してるのかなぁって感じです。
ソラナックスが眠くなるので、とりあえず飲んで寝てみます。

この元気さは、私には爽快に感じるのですが、これで無理するとまた鬱が大きくなるんですよね。
お薬のこと、また先生に相談してみます。
明日病院行ってみます。>仕事については、まずは主治医に相談してからのほうがよいと思います。服薬中は1日7000歩以上のウォーキング(中でもノルディックウォーキングは運動量のわりに負担が少ない)と1日7時間以上の睡眠時間を習慣にするとよいようです。>鬱から今の状態なら、軽躁に入っていると思います。
主治医と早急に相談を。
Ⅱ型だとすると軽躁を抑えないとまた長い鬱へ突入することになります。>アリです。

季節的には上がってくる傾向のかたが多いと思いますので、徐々に上向きになってるのかもしれません。
抑うつの晴れ間である可能性、家事育児から逃げたい気持ちが先行してる可能性、諸々考えられるような気がします。

診断が出て3カ月でも、それまでに積み重ねた何かがあったはずです。
じゃないと診断が出ないので。
診察へ行って、医師に相談したほうがいいと思います。>双極性障害10年です。鬱が少し良くなったか、またはたまたま調子のいい日だったのではと思います。躁と鬱は何ヶ月単位のスパンなので数日で入れ替わることはありません。何か始める時や大きな買い物はご家族と先生に聞いてからがいいです。大失敗さえしなければ死ぬほど苦しむ事もありません。厳重に自分を見張っていて下さい。>医者に寛解と言われましたか?
質問者様はまだ気分のふり幅が分からないような気がします。
寛解はふり幅が小さくなる事なので現在は躁よりではないでしょうか?
今の躁状態をモット上げない様に気を付けながら医者と相談しましょう。
先の回答者様と同意見です。
因みに3ヵ月で寛解はしません。リーマスの効果が発揮する位の期間です。>

双極性障害Ⅱ型です。
こちらでよく、

双極性障害Ⅱ型です。
こちらでよく、双極性障害は仕事もできないと書かれていますが、やはりそういうイメージなのでしょうか。
僕は普通に働けているんですが。
薬はなかなか減らせませんがコントロールできれば なんら問題ありません。
Ⅱ型で働いてる方 いらっしゃいますよね?

はい、働いていますよ。
質問者さんの場合、薬でコントロール出来ているとのことですので、普通に働けるのは喜ばしいことだと思います。
主治医曰く、薬はメガネです。
目が悪い人でもメガネがあれば快適な生活を送れるのと同じく、双極性障害でも合った薬を飲むことで日常をコントロール出来るのなら何ら問題はない、と。
私も今は約3年はコントロール出来ていますが、心掛けているのは『この病気と上手く付き合う』ということです。
先々のことでもやれる時にやっておけば随分気が楽ですし、良い状態が長くキープできる気がします。
私は自営業で毎年年間のルーティーンワークがあるのですが、ある程度時間の組み立ては自分の自由に出来ます。
良い状態の時は(くれぐれも無理のない範囲で)何か月先でも出来ることがあれば少しでもやっておきます。
その時に悪い状態になっても必要最小限のことをやるだけで済む状態に出来ます。
また付き合い事も(状態が良ければ気が進まなくても)なるべく頑張って顔を出します。
適度に出ておくことで本当に休みたい時に休める状態を作っておくのです。
そうすることで、状態が悪くなっても『貯金』があるから何とかなるだろうという安心感が生まれるからか随分と気が楽な状態が長続きするようになりました。
※やれる時にやれることをどんどんやる旨の事を書きましたが、これはあくまで既に決まっている仕事です。
新たに仕事を増やすのとは意味が違います。
新しいことに手を出したり、増やしたりするのは、元気な時はよくても悪くなれば自分の首を絞めることになりますので慎重に考えましょう。
また、薬が合ったのは良いことですが、今は薬込みのストレス耐性の範囲内だから安定しているものと思われます。
一定を超えるとダムが決壊したかのように波はブレます。
なので、常日頃からストレスを最小限に留める心掛けもしておくと良いと思います。
お互い頑張りましょうね!!

2型の診断を受けて2年くらいになります。その前にもうつ病の診断を受けててなんやかんやで5年くらい投薬治療をしていますが働けてます。

他の方が仰るように、職種の向き不向きもありますし、私は元気な期間とそうでない期間の波も割合激しい方だと思っているので、解雇や退職、欠勤、休職と一通り経験しています(苦笑)

風評被害が本当の意味でなくならないのと同じで、一度ついてしまったイメージはなかなかなくならないんだろう、でも実際に自分は診断を受けて治療してるし、障害者手帳も取得した。みんな大っぴらにしてないだけで同じ境遇の人が他にもいるはず。

私は上記のように思ってます。
薬は手放せないし、飲み忘れた時の事を考えると気が狂いそうにはなりますが一生の付き合いだと腹をくくってある種の開き直りとともに日々生きてます。>可能だと思います。
職種を選ぶことと勤務時間がポイントだと思います。

人によって違うでしょうが、
サービス業で無理に笑顔を作らなくてはいけないものは疲れる場合もあるかもしれません。
また次々と事務処理をこなさねばならないのが苦痛の方もおられるでしょう。
新しいことを覚えるのも大変かもしれません。
また人間関係でぎくしゃくしないところを選ぶ必要もあるでしょう。

今までされていた職種が向いているかもしれませんし、単純作業が良い方、趣味の延長の様な興味のあるものを選ばれる方もおられると思います。

お医者様が患者さんの経過からお勤めできる状態か相談に乗ってくださると思います。実際仕事したいと申し出られたら、出来るかもね、と勧めてくださる先生もおられるようです。

無理をされるとせっかく良くなられたのに、後退してしまう恐れもありますから十分な考慮は必要でしょうが、就職出来ない訳ではないと思います。>I型でもII型でも仕事はできると思います。私はII型ですが、パート勤務で働いてます。(以前状態が良かった時は正社員で働いて問題ないこともあったので今パートなのは単純に病状の重さと年齢による疲労のせいです)病気のせいで何か不具合が起こることは今のペースならありません。仕事を増やしたら無理だろうな、とは思います。躁状態は長らく出ていないので私はほとんど問題が出るのは今はうつの方です。人それぞれ症状や状態、働き方、周りの環境で全然違いますよね。でもそれはわかってもらえないと思うので、あえて周りには言いません。>夫の部下にいますがやはり使いにくいみたいですね。
頻繁に鬱で休職するし躁の時は壮大な大風呂敷広げて周囲を混乱させたり。

私も双極性障害なので夫は病気を理解していますがそれでも扱いが大変、と嘆いています。
イメージの問題ではないです。>もちろんです。

自分は、リーマスは生涯飲む覚悟でいます。

軽躁でかなり高い成果をだしてきましたが、
必ず軽躁の後にうつ期がくるので、

残りの人生は、仙人のような生活を家族としようと
思っています。

普通に働いていますし、それなりに稼いでいますし、
子供も2人います。
子供には遺伝していません。>

双極性障害と非定型うつ病を併発することはありますか?

双極性障害と非定型うつ病を併発することはありますか?

非定型うつって、医者の診断でしかわかりません。
本人の自己申告以外で、本当にそうかというのはわかりません。
双極性障害の症状に似た症状があるので、非定型うつと診断することはないと思います。
非定型うつのように見えるのも、双極性障害の症状と診断するのが一般的です。

双極性障害の1型と2型って、怠けうつなんですか?

双極性障害の1型と2型って、怠けうつなんですか?

そもそも全く異なる疾患なので、怠けているからという訳ではありませんね。
うつ病は病気。
双極性障害は障害。
遺伝的要因や環境的要因などで発症する精神障害。
怠けているから躁状態になるという事は、医学的に全く因果関係は無いです。
双極性障害に関する遺伝子も発見されているので、遺伝的要因が極めて強い障害であると思います。

双極性障害の障害年金にお詳しい方に、お尋ねいたします。

双極性障害の障害年金にお詳しい方に、お尋ねいたします。
当方、双極性障害(Ⅱ型)にアスペルガー障害を併発しております。
40代後半の男性で、会社員、独身の一人暮らしです。
両親とも既に他界しているため、天涯孤独の身の上です。
いまさら結婚して、家庭を設ける気も、とうの昔に失せてしまいました。
9年前より鬱症状で精神科を受診し、当初は、鬱病の診断だったのですが、鬱病の薬がまったく効力を発揮しないものですから、受診一年後より、双極性障害(Ⅱ型)の診断となりました。
自慢するようで恐縮なのですが、大学時代は、都内の最難関大学を全優主席で卒業し、学長から表彰を受けております。
IQも170程度あり、知能障害は全くみられないのですが、対人関係は、あまり良好とは言えません。
普段は穏和な性格で、人付き合いも悪くはないのですが、相手の発言で、当方の気に障るようなことがありますと、日頃思っている相手の欠点や失言の類をあらいざらい相手にぶちまけてしまい、相手を精神的に再起不能なくらいに打ちのめした上で、以後、ピッシャリと縁を切り、絶交状態としてしまうようなことが、幾度となくあったものですから、アスペルガー障害の診断も付加されるようになりました。
双極性障害に関しましては、一年の3/4くらいを鬱相で過ごし、その間は、トイレと食事以外は、ほぼ床に伏したままの状態で、廃人同様の生活を送っております。
食事は、デリバリーサービスを利用させていただいているので、自分で台所に立つこともなくなりました。
趣味などの楽しみも皆無です。
残り1/4の軽躁状態の時は、双極性障害(Ⅰ型)のように、社会的に失態をしでかすような事態は起こさないのですが、会社には、始発電車で出勤し、終電で帰宅するような生活を送っております。
時には、会社に常備してある寝袋で、数日間、泊まり込んで仕事に没頭したこともございます。
当方の職務は、コンピュータシステムとそれに連動して動作する工作機械の設計開発でして、昔取った杵柄と申しましょうか、自分で言うのもおこがましいのですが、持ち前の集中力と、人一倍の処理能力で、軽躁状態に出社した際の2・3ヶ月の内に、与えられた任務を完璧なまでに完遂させてしまっているので、仕事上の職責は、問題なく全うしている状態です。
当方が鬱相で出勤できない時には、営業職を兼ねたエンジニアの同僚が、取引先に上手に繕ってくれていて、当方が鬱相で出勤できないことによる職場への迷惑は、ほとんど掛けていないものと、自負しております。
当方の職場のお給料は、月給制で、双極性障害(Ⅱ型)の鬱相で出勤できないときは、休職扱いとなり、基本給の2/3が支給されるのみで、管理職手当や地域手当など諸手当はカットされ、お給料を満額いただいている時の半分にも満たない状況です。
軽躁状態で出社している時には、お給料は満額いただいております。
ひとつ困ったことに、6月と12月のボーナス時期、たいていは、鬱相で休職していたものですから、ボーナスの支給要件(ボーナス支給月の初日(原則1日)に、在職していること)を満たしておらず、双極性障害(Ⅱ型)を発症以来、ボーナスの支給を受けたことは一度もありません。
なお、これまでに、精神科のある大きな病院へ、3~5ヶ月ほどの入院を3回ほど試みて、治療に励んだ時期もございましたが、いずれも予後は良くなく、寛解には至りまでんでした。
現在、通院している精神科での処方は、リーマス 800mg/day が中心で、あと、眠剤としてフルニトラゼパムを2錠服用しております。
抗鬱剤のたぐいは、服用しておりません。
また、一時期、ラモトリジンも試してみたのですが、皮膚発疹の酷い副作用が現れたので、中止となりました。
勤務状況は、上述の通りで、1年の内、2・3ヶ月のみ出勤し、あとの9・10ヶ月は病気休暇の扱いとなっております。
これが、連続して18ヶ月間、病気休暇が続いてしまいますと、職場の規定により、自動的に退職扱いとなってしまうのですが、幸いなことに、いまのところ、そのような事態には至っておりません。
最後に付け加えますと、当方、障害者手帳(精神3級)を所持しております。
このため、職場としても、障害者雇用の条件を満たしておきたいという思惑があるためか、当方のことを免職できない事情もあるようです。
以上が、当方の病状の概略です。
そこで、障害年金にお詳しい方にお尋ねしたいのですが、当方のこのような病状で、双極性障害(Ⅱ型)およびアスペルガー障害による障害年金の受給は可能なものでしょうか。
やはり、病気休職と出勤を繰り返しているといえども、同じ職場から継続してお給料を頂戴していると、障害年金の受給は難しいものなのでしょうか。
それと、もし、障害年金受給の可能性があるようでしたら、2級・3級のいずれが、該当可能性ありしょうでしょうか。
ご回答のほど、よろしくお願い申しあげます。

私の知り合いは会社員として働いていますが、症状が安定しないので綱渡り状態で仕事を続けています。
その前に3年近く休んでいて、その間に手帳と年金(ともに2級)をとりました。
働き出してもそのままです。
働いていることも申請をしていますが、今のところ止められることもないようです。
(今度、病気を理由に長期休みに入ったらクビなのでそういう事も考慮されているのかもしれません。

ご回答、どうもありがとうございます。

文面を拝見いたしますと、綱渡りで働きながらも、
なんとか職場にしがみついているあたりの状況など、
ご紹介いただいたお知り合いの症状と、当方の症状、
かなり、共通するようなものを感じます。

その状況で、年金・手帳ともに2級とのことですから、
当方も、症状があまりよろしくない時あたりに、
障害年金の申請手続きをしてみようという気になりました。

気持ちが沈みがちであった当方にとって、
希望の光となりそうな情報をお寄せいただいた
aisiterunanteさんに、感謝いたします。>障がい者雇用で働いているのでしたら、厚生年金の3級は下りるでしょう。>精神保健福祉士です。

双極性Ⅱ型だと鬱病と間違われるケースも多いと聞きます。

まったく望みがないわけではありませんが、状況によりケースバイケースだと思います。

こちらで尋ねるよりは、行政機関の障害福祉課(手帳の発行等を行った窓口と同じだと思います)にお問い合わせしてみてください。

障害基礎年金は、一部該当、障害厚生年金は、状況によりという表記になっています。>

うつ病や双極性障害は甘えでしょうか?仕事場の人に全く理解されません。
このまま…

うつ病や双極性障害は甘えでしょうか?仕事場の人に全く理解されません。
このまま自殺したら理解してくれるんですかね?嫌なことから解放されたい。
逃げたい。
仕事辞めたい。
離婚したい。
でも出来ないから死にたいな。

仕事場の人にどう理解してもらいたいのでしょう?それはちゃんと言わないと伝わりません。
病気だからわかってもらえると思うのが甘えだと思います。
これが出来て・これが出来ないと伝えることで自分に不利益になることも増えるでしょうし、疎外感が生まれることもあると思います。
でも何も言わずにうじうじしているよりは、進歩はあると思います。
夫の前の産業医の先生は、まずは自分の口から伝えなさい。
といつも言ってました。
(それで改善されなければ先生からの口添え有)そこをちゃんとしないと何もわかってもらえないとのこと。
(夫は双極性障害です)自殺するくらいなら逃げればいいし、仕事をやめればいいし、離婚すればいいと思います。
それでも思い描くところへいかなければ自殺すればいいと思います。
何にも中途半端で自殺しても誰も理解してくれないと思います。
それと双極性障害の自殺率が高いのは、鬱の時ではなく、混合の時で死にたいとか自殺したいという気持ちが死へ導くのではなく、突発的に死ぬことが多いとされています。
その際は周りも止めることもできず(本人も死ぬ気がないまま死んでしまう)です。
死にたいと言っているうちはまだ改善の余地ありと夫の前の主治医が言っていました。
先生とそういう話はしないのでしょうか?自分の病気を勉強し、わからないところはきちんと先生と話していないのなら、それが甘えだと思います。

鬱は甘い考えの人がなるもんじゃないと私も思います。優しい心の人ほどなりやすいんだと思っております。ちなみに私も双極性鬱です。いつか治ると思って前向きに生きてます。>双極性障害1型です。甘えだと親にはっきりと言われました!でも僕は全く違うと思います。甘えだけでこんな酷い病気にかかるなんて理解出来ません!だって自殺したくなるんですよ。とても怖い事です。職場の人に理解されないと思います。僕も暴れる前に事前に説明していたのに結局自主退職でした。まずは医師に相談してみる事だと思います。僕は最初、医師が大嫌いで白衣を着た悪魔だと親に言ってましたが病気の事を勉強したり改善してきた事で今ではなんでも伝えて信頼関係が出来ています。離職と離婚を同時に経験すると僕の経験状悲惨な事になります。酷い躁がやって来るのです。その前に病院へ。>うつ病で動けず風呂に入れず臭いまま、大便も垂れ流し……という話を聞いたときにはさすがにこれは甘えではなく病気だなと思えました。
仕事はできているとのことで、他者から「病気を盾に怠けようとしている」と、疎まれても仕方ないと思います。元気だと病気の人の気持ちが全く分かりません。

みんな自分のことで精一杯でストレスまみれ。病気の人を甘やかす余裕なんてありません。そういう人は「苦しいならさっさと死んじまえ!」そう思っています。
ふざけている訳ではありませんが、大便垂れ流しレベルになれば「甘え」という人はいなくなります。>甘えではありませんよ。うつ病罹患者は、健常者に誤解されるのが辛い所です。病気を甘えと捉える事無いですよ。貴方は四面楚歌になっていませんか?無責任ないい方かも知れませんが何もかも放り出してオールリセットするのも一つの選択です。今まで頑張りすぎて来たはずですから少し休みましょう。くれぐれも自殺だけはお止めくださいね。生きていれば苦しみも不幸もいつか終わります。>世間一般から見ると、五体満足なのにうつとか抜かしてる奴は、どこからどう見ても甘えですね。

また、そのまま自殺しても単なる犬死にですよ?>

双極性障害の方で充実した人生を送れている方いますか

双極性障害の方で充実した人生を送れている方いますか私は双極性障害Ⅰ型で発症してから12年経ちます。
2年前には仕事も辞めてしまい、今は将来に希望がありません。
この病気は完治しないので、うまく付き合っていくしかないのですが繰り返し訪れる躁と鬱があるなかで、充実した人生を送るにはどうしたらよいのでしょうか。

私の彼女が双極性障害です。
薬の服用は必須です(効果が表れるのは半年から1年はかかるみたいです。
)また安定した生活を作るために毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるということも必要です。
朝のランニングも効果的です。
この病気は完治しないものなので、人一倍日々の生活に気を付ける必要があります。
新しい人と出会うというのも極めて重要なので怖がらず新しい出会いの場に積極的に出向いて下さい。
また、周りの大切な人には怖がらず病名や病気の内容を理解してもらい、自身が躁状態の時や鬱状態の時に指摘してもらえるような関係を気付く必要もあります。
私は現在米国に在住しているのですが、米国では双極性障害は広く知られており、治療の為、皆さん通院してプロの支持を受けながら治療しております。
希望はあります!がんばりましょう!私も彼女と二人一組で頑張っていきます。

なかなか難しい、、、
正直、人生終わってるなーと感じています。
充実してた病前との落差が激しくて。

でも精神病に限らず病気になるってそんなものだと思うのです。
予想もせず落とし穴に落ちて出られなくなる感じ。

過去を振り返らず将来を見ず、今生きてればいいやと開き直っています。>わたしは、双極性障害を発症して5年経ちましたが、毎日平和に
生きていますよ。旦那が支えてくれているので生活の心配がない
ことが、いいんだと思います。

私は、薬、せいこかりゅうこつぼれいとうと、オランザピンを飲んで
いて、安定していますよ。躁にも鬱にもなっていないと思います。
無理しないで、自分を認めて生きるのがいいと思います。>そう極性は精神疾患の中で、もっとも薬でコントロールしやすいらしいですよ。落胆することはありません。>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする