私の友人の子供さんが、 自閉症スペクトラムと診断されました。 まだ3…自閉症スペクトラム

軽度 自閉症スペクトラムについて

軽度 自閉症スペクトラムについて3歳4ヶ月の保育園に通う年少の娘が診断されました。
IQは、境界域75です。
現在、3歳7ケ月で3語文で話すことが多いです。
おむつは、3歳6ヶ月で園に入ってからアッサリ取れました。
診断されてから、月に7回療育(集団と個別)を保育園の帰りに通い始めています。
今後、どのように成長していくのか、不安です。
同じ診断で同じくらいのIQの方が居ましたら教えてください。
・お喋りは、どれくらいの年齢でどのくらい話せるようになりましたか?・コミュニケーション力は、あがりますか?・言葉の理解力は、できてくるでしょうか?・IQは、年齢とともにどのように推移していきましたか?・就学(小学校~高校まで)は、どのような進路を選びましたか?・自閉症スペクトラムとしか現段階では診断名を付けることしかできないが、就学ごろにはだいたい診断名(高機能ORアスペルガーなど)がわかるそうですが、どうなりましたか?・お友達は、できますか?毎日、たくさん心配していて聞ける方も居ないので、アドバイス頂ければありがたいです。
宜しくお願いします。

自閉症スぺクトラムはコミュニケーションの障害ですので、仮に知能が上がり長文で話せるようになったとしても、場にそぐわないコメントが多かったり、自分の興味のある話を一方的に話すものの相手の話は聞いていないので会話として成立しにくかったり、何らかのコミュニケーション面での問題がついてまわると思います。
まだ3歳ですので知能指数はまだまだ伸びる可能性はありますが、その子が本来持っている伸びしろがどれだけあるかにかかってくると思います。
軽度でもあまり伸びない子もいれば、グンと伸びる子もいます。
何年もかけてゆっくりゆっくり伸びる子もいます。
お友達ができるかどうかは、その子のタイプによると思います。
まずお子さん自身が人に興味があるかどうか?人と関わりたいと思っているかどうか?です。
一人が好きな孤立タイプだと友達と遊ばせるのは難しいと思います。
人が好きでも他害や暴言が酷いと遊んでもらえません。
自閉症スペクトラムだとどうしても友達ができにくく、できても1~2人かもしれませんが、友達がたくさんいる方がいいという考えは定型発達の世界のことであって発達障害の子は一人の方が楽なこともあるので、友達がいないからといって親が悲観しないことです。
園では加配の先生をつけてもらい、加配の先生を橋渡し役としてお友達との関わりを増やしていかれるといいと思います。
診断名は今は自閉症スペクトラムで一括りとされており、高機能自閉症であろうとアスペルガーであろうと関わり方は変わりません。
診断名は所詮医師のつける名前に過ぎないので診断名にこだわらず、それよりもお子さんの困り感にどう対応していくかを考えた方がいいと思います。
個人的な意見としてですが、障害の軽いお子さんは特別支援校ではなく地域の小学校に入れた方がコミュニケーションが伸びると思います。
ただ、学習面でついていけない可能性もありますので、無理せず支援級を選ばれた方がいいと思います。
親が普通学級にこだわり過ぎて無理矢理普通学級に入れられる子もいますが、お子さんが大変な思いをするだけです。
将来の進路が心配だとは思いますが、あまり先々を心配されても仕方がありません。
今できることをされた方がいいと思います。

療育手帳(知的障害者のための障害者手帳)の判定では、IQ75以下を知的障害として判定している自治体も結構あるので、IQ75を境界知能と考えるか知的障害として考えるかは、微妙なところかもしれません。
自閉症では、タイプが違えば同じIQでも様相が全然違うので、同じIQを基準に他の自閉症児と比べても、あまり意味はありません。
三歳で三語文まで出ていれば、それなりに喋れるようになると思いますが、一気に言葉が伸びるのか、停滞しながらになるかは、同じ自閉症でも色々なので何とも言えません。
また、アスペルガーのように言葉の遅れが全く無い場合でも、会話が一方通行になったり噛み合わなかったりといった事が、成人しても続いたりするので、コミュニケーション面の問題は、後々まで対応が必要と思った方が良いです。
IQに関しても、一気に伸びてIQ120超とかになる例もあれば、停滞して相対的に下がっていく場合もあるので、一概には言えません。
就学に関しても、通常学級から特別支援学校まで幅広いので一概には言えませんが、必要な支援が何か、それが受けられるのは何処なのかをよく考えながら時間をかけて決めていって下さい。
DSM-5の診断基準では、細かい分類をやめて自閉症スペクトラム障害に一本化され、細かく分けないのが世界的な流れになってきてるので、就学頃になっても自閉症スペクトラム障害のままかもしれません。
友達に関しては、障害の状態に見あった友達関係を築く事は可能ですが、無理に健常児と仲良くさせようとしても、上手くいかないかもしれません。>療育手帳(知的障害者のための障害者手帳)の判定では、IQ75以下を知的障害として判定している自治体も結構あるので、IQ75を境界知能と考えるか知的障害として考えるかは、微妙なところかもしれません。
自閉症では、タイプが違えば同じIQでも様相が全然違うので、同じIQを基準に他の自閉症児と比べても、あまり意味はありません。
三歳で三語文まで出ていれば、それなりに喋れるようになると思いますが、一気に言葉が伸びるのか、停滞しながらになるかは、同じ自閉症でも色々なので何とも言えません。
また、アスペルガーのように言葉の遅れが全く無い場合でも、会話が一方通行になったり噛み合わなかったりといった事が、成人しても続いたりするので、コミュニケーション面の問題は、後々まで対応が必要と思った方が良いです。
IQに関しても、一気に伸びてIQ120超とかになる例もあれば、停滞して相対的に下がっていく場合もあるので、一概には言えません。
就学に関しても、通常学級から特別支援学校まで幅広いので一概には言えませんが、必要な支援が何か、それが受けられるのは何処なのかをよく考えながら時間をかけて決めていって下さい。
DSM-5の診断基準では、細かい分類をやめて自閉症スペクトラム障害に一本化され、細かく分けないのが世界的な流れになってきてるので、就学頃になっても自閉症スペクトラム障害のままかもしれません。
友達に関しては、障害の状態に見あった友達関係を築く事は可能ですが、無理に健常児と仲良くさせようとしても、上手くいかないかもしれません。>3歳7ヶ月でIQ75なら数値だけで考えた場合、発達年齢は2歳前後だと思われる。自閉症スペクトラムとの診断があるのならコミュニケーションに課題があると考えられる。言葉のキャッチボールが出来るのは発達年齢が3歳程度となるのでお子さんの発達年齢が3歳前後になるまでは難しいかもしれない。言葉の理解力に関しても同じ。今の状態は欲求は伝えられても簡単な質問なら答えられる程度なのでは?言葉の理解が出来なければ言葉のキャッチボールは難しい。IQに関してはわからない。いきなり数値が伸びた子もいれば緩やかな成長・発達のために数値は下がる子もいる。就学に関しても年長さんまでにどの程度成長・発達するかで変わる。診断名が自閉症スペクトラムならそれで良いと思うが…高機能自閉症は知的障害のない自閉症アスペルガーは3歳までに言葉の遅れがなかった自閉症。高機能自閉症でもアスペルガーでも自閉症には変わりはない。友達については貴方のお子さんがどれだけコミュニケーション力を持っているかによる。うちの子の場合は就学前は知的ボーダー。就学後は知的数値のみでは全く問題ない。2歳半にいきなり文章を喋ったが、会話が出来たのは5歳単語理解は言葉の意味を知らずに使うので勘違いされやすい。意味を知らずに喋る言葉が多数あった。通園施設を経て情緒支援学級に在籍。高校は受験するだろう。知的障害がないので支援学校に就学できないから。最初は自閉症と言われていたがADHDも出てきた。2歳半で喋ったのでアスペルガーになるらしいが、自閉症は自閉症。友達は学校は違うが支援学級の子ばかり。>

自閉症スペクトラムの者です。
最近、自分の耳鳴りについて、いろいろ調べていたら…

自閉症スペクトラムの者です。
最近、自分の耳鳴りについて、いろいろ調べていたら、頭鳴症というキーワードに引っかかりました。
そして、私と同じく多くの自閉症スペクトラムの方がこの症状に苦しんでるようです。
しかし、耳鼻科や脳神経外科でMRIを取っても原因はわかりませんでした。
耳に異常はないみたいです。
しかし、私はこの原因不明の耳鳴りに20年以上悩まされています。
子供の頃から耳鳴りが止まず、人の咳や物音一つ一つ、例えば人がコップを机に置く音や、鍋をコンロに置く音など、生活音が耳をつんざくような音に聞こえ、頭に響くのです。
ひどい時は叫びそうになるくらいです。
痛みを感じるときもあります。
とてもストレスに感じています。
私は大阪在住ですがこの頭鳴症という病気は大阪ですと、どこの病院に行けば治して頂けますでしょうか。
ネットで調べてもわかりませんでした。
知ってる方おられましたら、よろしくお願いします。

存じません。
また、治す方法がない障害かもしれません。
発達障害の専門医も少ないですよね。
しかし、耳栓や耳当てなどをすると若干ストレスが軽減するかもしれません。
先日までお世話になっていた就労移行施設で、耳当てされている方がおり理由を聞くと「私の勝手」との事でしたので、もしかしたら何らかの対策なのかもしれません。
もう耳栓や耳当てを使われているかもしれませんが、もしまだの場合、使ってみるとかも有りだと思います。

回答ありがとうございます!それもいいかもですね!>

自閉症スペクトラムに二面性はあるのでしょうか?

自閉症スペクトラムに二面性はあるのでしょうか?職場での自分自身と、プライベートでの自分があまりに違い過ぎて悩んでいます。
職場での自分を思い浮かべながらだと自閉症スペクトラムの傾向に当てはまるのですがプライベートだと当てはまらなかったりします

アスペルガーの者です。
働いていません。
私は解離しています。
二次障害のせいなのか何なのか分かりませんが。
ですが、私はどこの私も発達障害です。
外でも家でも会話が困難ですし。
人から見る私はいつでも「普通の人」ですが、私が見る私はいつでも「発達障害の人」です。
その二面性は分かりませんが、困っていて辛いなら病院に行ってみてはいかがですか?

回答ありがとうございます今月中には心療内科を受診したいと思っています>最近心の病についていろいろ病名がついて世の中の人がみんな精神病みたいで怖いです。自分だけはまともだと思いたいですね。

人と違ってもそれが個性と割り切ることにしています。他人の中の自分と自分の中の自分と違っていて当然です。他人に危害を加えなければ良しとすることにしています。

それと気の利いたカタカナ病名がかっこいいのかな。カッサンドラ症候群なんてギリシャ神話の中のトロイの王女の名前です。アポロンから彼女になる条件で未来を見る力をもらったのだけど拒否してしまったので、預言は出来るけどそれを誰も信じないという条件を付けられてしまいました。

つまり能力はあるけど誤解されやすい、というところかな。誰からも信じてもらえないなんて悲しいですね。>カサンドラ症候群かもしれませんね。外見を見ても、普段接していても分らないのですけれども。>ありますよ。だからカサンドラ症候群ってのがあるんです。普通は外で完璧なんですけどねぇ。自閉症スペクトラム故の自己評価の甘さかもしれませんよ。>

「自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)」の方に御聞きしたい事があります。

「自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)」の方に御聞きしたい事があります。
私は今年の二月頃に「自閉症スペクトラム」を診断された者です。
私は周囲に同じ診断を受けた人が居ないので、どうすれば良いのかと悩んでおります。
なので、下記に聞きたい事をまとめたので一つでも良いので回答が頂ければ幸いです。
・診断を受けた後に困る事はあるのか・社会復帰をするなら行う事はあるのか・今の社会では、どの程度の認知度なのか・就労する際に意識すべき事、注意すること・得手、不得手を自覚する方法 この中で一つでも良いので御教ください。

・診断を受けた後に困る事はあるのか特にありませんでした・社会復帰をするなら行う事はあるのか二次障害等を含めその人の程度によるのでは・・・と思います。
うつとは言わないまでも相当な無気力状態になっていたので、親の理解もあり2ヶ月ほど充電期間をとって次の行動に出ることが出来ました。
・今の社会では、どの程度の認知度なのか無関心ならまだしも、中途半端に認知度が上がってしまったために嫌われ者の代名詞にされてしまってると思います。
・就労する際に意識すべき事、注意すること1.どんな仕事をするかより、どんな人がいる職場かということが重要だと感じています。
(2.「典型的なアスペルガーの像」と自分の違いを説明できるようになること)・得手、不得手を自覚する方法障害支援センターや障害者就労支援なんかで色んな作業をして、それを客観的に見てもらうことでしょうか・・・。
私自身(言葉悪いですが)障害支援センターなんかに行くほど落ちぶれてない、という変なプライド持ってて嫌々だったのですどね。
自己流や素人同士でやるより良かったと思ってます。

自閉症スペクトラム障害に悩むものですが、

自閉症スペクトラム障害に悩むものですが、やはり、気力がなくなりました。
しかし、賞与あり退職金ありの会社に入ればそれを、自分のチャンスカードにするべきですか?まずは、手帳が必用。

チャンスカードにするべきですね。
応援していますので、頑張ってください。
m(._.)m

広汎性発達障害や自閉症スペクトラムという診断は曖昧な部分があるでしょうか?

広汎性発達障害や自閉症スペクトラムという診断は曖昧な部分があるでしょうか?

広汎性発達障害と診断される場合は、実際には特定不能の広汎性発達障害であり、診断基準も曖昧な部分があります。
これに対してDSM?5の自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)の診断は、診断基準も明確なので曖昧とは言えません。

私の場合は、広汎性発達障害でしたが、最近は、自閉症スペクトラムと、診断される場合が多いと聴きます。>自閉症スペクトラムの範疇が、・広汎性発達障害・高機能発達障害・アスペルガー症候群・自閉症等、を一つにまとめた総称です。理由は、一つにまとめると研究者が増えるからと発達障害支援センターの臨床心理士の方が言っています。その中で、複合型やこの傾向も強いがこちらの診断にしよう等があります。「自閉症スペクトラムとは虹のグラデーショウの様なもので線引きは難しい」と言われています。ですから、この範疇に入る方で、診断が曖昧であると言う事はあります。定型か自閉症スペクトラムかの曖昧な部分は、心療内科精神科でテストを受けて異常が見当たらない場合でも、発達障害支援センターで自閉症スペクトラムにあたると言われる事があります。ですから、心療内科精神科と発達障害支援センターを受診している方で曖昧な方は極僅かと判断できます。>

部下に自閉症スペクトラムの受診を勧めるべきか悩んでいます。

部下に自閉症スペクトラムの受診を勧めるべきか悩んでいます。
部下のA君は国立大を卒業して入社し、会社からも期待されていたとおもいます。
しかし、私の部署に異動する前から「仕事ができないヤツ」との評判が定着していました。
実際に本人から「よく叱られた」との話を聞くこともできました。
仕事ぶりですが、パソコンを使って数字を入力するなど比較的単純な作業は人よりも速くて正確ですが、文章を作ったり、数字を分析する仕事は時間が必要で、それほど難しいとは思えないことでも使えないアウトプットしかできません。
忘れ物が多いですし、メモすることを指導しましたが、それも長続きせずメモを取らなくなりました。
集中力が足りず、打ち合わせ中に窓の外を眺めていたり、居眠りもたまに・・そんな部下を自閉症スペクトラムでは・・と疑っています。
仕事の失敗に対しては、叱責したりせず、反省点をやんわりと指導しています・・「病気なのだから、根気強く指導しよう」と考えて、怒りを覚えてもグッと我慢しています。
改善の傾向はないですし、今後のことも考えると、専門医を受診して、部下自身が病気を自覚し、上司や同僚も病院理解した上で彼に接したほうが良いのではないか・・と考えています。
だだし、自覚してはいないと思われる部下に「発達障害かもしれないから」と受診を勧めることで良いよか・・迷っています。
障害として見ていることが、部下への差別にならないか、パワハラと感じないか・・私自身の保身が気になり、部下には言い出せません。
本社の厚生担当にも相談しましたが「あなたが、そう思うなら言ってみれば?」「会社としては責任を取れない」など協力的ではありません。
受診を勧めるにしても、どう話そうかもわかりません。
①受診を勧めるべきか②どんな言葉で勧めればよいか迷いは2点です。
よろしくお願いします。

会社の上司が部下を精神科に連れて行くのは珍しくないですよ。
発達障害は珍しいかもしれませんが。
①勧めるといいと思います。
②本人も周囲と上手くやれなくて辛いはずですから、悩みを聞いてあげて促してはどうですか。

発達障害で一番重いのは、自閉症スペクトラム障害(ASD・アスペルガー障害や高機能…

発達障害で一番重いのは、自閉症スペクトラム障害(ASD・アスペルガー障害や高機能自閉症)ですか?

自閉症スペクトラムでも知的に遅れのない高機能自閉症やアスペルガーが一番生きづらく自立も難しいと言われますね。
ADHDやLDもそれなりに大変ですが、自閉症スペクトラムほどコミュニケーションが困難ではない。
自閉症でも知的障害があれば見ればすぐわかるので、それなりの対応をしてもらえます。
自閉症じゃないノーマルな知的障害は単に幼いだけの印象で可愛がってもらえます。
そういう意味でも、高機能やアスペなど、見た目は普通っぽいけどどこか変というのが一番理解されにくい。
高学歴なのに簡単な仕事もできないなんて理解しろという方が無理でしょう。

そうなります。LDやADHDを伴う場合、ASDを優先して診断されるので。医師によっては、「ADHDとASD」みたいに分けていう場合もあるようですが、広汎性と言われるように、ASDは広い範囲で発達の障害があるので、本来はADHDの要素が混じっていてもASDとだけ言われます。重さは、おおよそLD<ADHD<ASDって感じだと思いますが、症状によって問題になるのは、この通りとは限りません。>

私の友人の子供さんが、

私の友人の子供さんが、自閉症スペクトラムと診断されました。
まだ3才前なのに分かるものなのでしょうか?もともと言葉が遅いとかで友人はとても心配していましたが、2才になっても2語文が話せなかったということはありました。
ただこんなはっきりとした診断ができる歳なのか、少々疑問です。

息子は2歳10ヶ月で診断されてます。
病院は予約が3ヶ月待ちでした。
2歳半で発達検査をしてくれた心理士さんも息子が自閉症だとわかったようです。
息子と同じ園だった子で大学病院で1歳半から療育を受けてたお子さんもいましたので(そのお子さんは今は小学校の通常級に通ってます)専門医が見れば1歳半?2歳でもわかるようです。
息子も、1歳半で診断されたそのお子さんも多動や他害、奇声やエコラリアはなく素人が見ても気付かないと思います。
様子見と言われ何も手を打たずに過ごすより、早期に診断された分、療育も早期から始められたので私は良かったと思ってます。

ある方の、3才になるお子さんが、ちょっと変わっていたので、児童精神科医に相談。そうしたところ、自閉症と診断。そこで、投薬治療を勧められたと。そのとき医師からは、「私(児童精神科医)を信じてください。副作用の少ない薬を投与します」と。この言葉を信じて、3才の子供に、向精神薬を投与。3才の子供に、薬を飲ませようとしたところ、猛烈に嫌がったと。幼児は、言葉を発することができないため、体で拒否反応を示したと。その様子はこうだったといいます。薬を飲ませて少したってから、子供に異変が起こりました。吐き続け、目がうつろになり体が傾いています。痛いのでしょうか、泣き続けていますが姿勢を直そうとしても直せません。なんとも(涙)しかし、さらに続きます。医師に訪ねると、「自閉症特有のチック症状です。チックを抑えるために、別の薬を飲ませましょう」と。しかし、追加した薬を飲んだところ、状況はさらに悪化。体がのけぞり、生物としてすら正常な姿ではなかったと。親は、我が子の異変におかしいと思いながらも、児童精神科医の言葉を信じ薬を飲ませ続けたと。だが、その子は、ついには、話すことができなくなり、身動きすらできなくなったと。その姿はまるで「重度身体障害者」であったと。3才の子供がです。3才の子供が。親はさすがに「これはおかしい」と思ったのでしょう。セカンドオピニオンとして、別の精神科医に相談。しかし、同じような診断と回答。何件かの精神科医をまわったところ、ようやく、ある医師から、「向精神薬は効果がなく、むしろ薬害を引き起こす」と言われたと。(おそらくこの医師が内海氏ではないかと推測)この医師は、向精神薬によって薬害が起きている事例をいくつか集めていたと。親は、そのデータを見せつけられて、泣き崩れます。そして悟ります。私は子供の声を無視して、子供に、薬を強制してきたんだ・・・この子は、薬が体に悪いのか、ちゃんとわかっていたんだ・・・www.google.co.jp/amp/bossanovaday.hamazo.tv/a5111614.htmlWikipedia「病気喧伝」病気喧伝(びょうきけんでん Disease mongering)は、製薬会社や精神科医、また他の専門家あるいは消費者団体などが、市場を拡大するために、販売したり治療法を伝える目的で、病気の診断に用いる境界を拡大したり、そのような啓発を市民に宣伝することに対する、蔑称である[1]。例として、男性型脱毛症(AGA)や社交不安障害(SAD)が挙げられる[1]。典型的には「医師に相談を」で締めくくられる広告である[2][3]。「夜回り先生こと水谷修氏 1220万人がこころの病抱えるニッポン 危険な精神科薬何種類も投与されるキケンな現実」www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/170913/soc1709130035-s1.html市民の人権擁護の会m.facebook.com/CCHRJapan/?refid=13大阪精神医療人権センターwww.psy-jinken-osaka.org/talk/薬害オンブズパーソン会議www.yakugai.gr.jp/bulletin/精神科医療の身体拘束を考える会www.norestraint.org地域精神保健福祉機構www.comhbo.net薬害研究センターyakugai-kenkyu.com全国薬害被害者連絡協議会hkr.o.oo7.jp/yakugai/>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする