最近、パーソナリティ障害というものをネットで知りました。 正直、現…パーソナリティ障害

妄想性パーソナリティ障害と、統合失調型パーソナリティ障害について。

妄想性パーソナリティ障害と、統合失調型パーソナリティ障害について。
統合失調型パーソナリティ障害の症状には妄想性パーソナリティ障害が含まれてると思いますが、違いますか?

パーソナリティ障害は現在便宜上分類されていますが、根本的には同じです。
だから項目を見ても境目がよくわからないし、境界性パーソナリティ障害だという人を見て、自己愛性パーソナリティ障害ではないかと思うことだって起こりうるのです。

モラトリアムと、回避性パーソナリティ障害の違いは何ですか?大学生で、将来なり…

モラトリアムと、回避性パーソナリティ障害の違いは何ですか?大学生で、将来なりたいものは決まっていますが、どうしても飛び込んでいくことができません。
自分ともっと向き合いたいと思っています。

自分と向かい合うのは良い事ですね。
ということで、質問にシンプルに答えずに整理しながら3つ書いてみます。
1.モラトリアムまず「モラトリアム」の用語は正しくはエリクソンの発達心理学において、青年期における『自我同一性』の獲得をする事を猶予する期間の事を意味します。
ここで言う青年期は20-30歳と言われています。
昔は青年期を20歳前後としていましたが、社会の発達により大人にならなければならないタイミングが延びたという事です。
このタイミングで『自我同一性』を獲得(言い換えればアイデンティティの確立)出来ないと、自己同一性の拡散した状態になります。
簡単に言えば「自分は何者か」「どうあるべきか」という確固たる何かがなく、漠然とした空虚感に苛まれます。
(本当はずっと確固たる何かなんてないんですが、結構一回人生で決めるのが大事です)結果人生というものの価値や自己の価値とかつまらん事に悩まされて生きづらい人生になります。
2.回避性パーソナリティ障害一方、回避性パーソナリティ障害は精神構造の問題です。
その多くの原因は幼少期にあります。
よく、「内気」や「自分に自信がない」と自分はそうじゃないか?と疑います。
が滅多にはいないでしょう。
また回避性パーソナリティ障害は、誤解を恐れずに言えばあまり他者に害は少なく、自他境界の明確性や防衛機制のレベルが少し高いです。
克服はそんなに高いハードルではないでしょう。
3.アドバイス主様の問題は多くの人が人生で迎えます。
それは『アイデンティティを確立』するという事です。
アイデンティティとは、わかりやすく言えば「過去、現在、そして未来に渡って自分はこういう人間であり、これからもそうであろう」という一種の信念みたいなものです。
これがあると「自分とは何か」という神様だが何だかんだか知りませんが、頭にふと呼び出される何とも嫌なものに強くなります。
やがて自分に芯があることがわかれば、他人にも同様に芯があるはずと理解するでしょう。
それが、他者への敬意や配慮につながります。
大学生の時は、なかなかわからないと思います。
少なくとも僕は全然わかなかったです。
なりたい職業やポジションではなく、自分である事の確信が持てそうな何かを目指すと良いと思いますよ。
そのために自分は今までどうだったかを振り返ったり周りの人と話してみると良いと思います。
自分の外面を写すのは鏡です。
自分の心を写すのは、相手の心です。
相手の心をどう解釈出来るかが一番自分を教えてくれるでしょう。
ご参考まで

境界性パーソナリティ障害のおすすめの書籍について。

境界性パーソナリティ障害のおすすめの書籍について。
私は境界性パーソナリティ障害です。
自分の障害を治したい、治らなくても少しでもいいから改善したいと思ってます。
しかしイマイチ自分の障害が分からずどうしたら良くなるか分かりません。
今岡田尊司先生の本を読んで居ますが、ネットではインチキ学者だの書かれてるのをよく拝見するので…おすすめの書籍を教えて下さい。

「ひねくれた人に振り回されない88の方法」岩月健司著・大和書房がお勧めです。
ひねくれた人に振り回されない…という書名になっていますが、境界性の人の思考パターン、行動パターンをよく説明し、なぜそうなったのか、どうすればいいのかが書かれています。
岩月氏は、人間行動学の教授です。
ボランティアで、主に境界性の人の「育て直し」をしてきた方です。
ネットでは、準強制わいせつ罪で逮捕されたと書かれていますが、境界性の人に、はめられてしまったのではないかと思っています。
心理学者でも精神科医でもありませんが、共感することによってその人の内側に入り込み、その人の目で外界を見てみたとおっしゃっているだけあり、鋭い観察力と指摘に驚かされます。
心理学者以上だと思います。

パーソナリティ障害だと判断することができる人の特徴を教えて下さい。

パーソナリティ障害だと判断することができる人の特徴を教えて下さい。

パーソナリティ障害ってどういう意味?パーソナリティ=人格、個性、性格とほぼ同義で・・・という意味ですけど、それを判断するというのは、意味不明です("^ω^)・・・

おっしゃる通りで、人格障害の事です。詳しくはわからないのですが、人格障害というと偏見的な見方をされる可能性があるという配慮から「パーソナリティー障害」と呼ばれているようです。「境界性パーソナリティー障害」などがあるそうです。

知人が「ある程度親しくなると、社会的損失が生じるほど対人関係を滅茶苦茶に壊してしまう」タイプなので、パーソナリティー障害では?と思っています。

わかりやすい特徴的仕草があればと思い、質問させていただいています。(例えば、「コミュニケーションが安定しない」など)>

私は境界性パーソナリティ障害の疑いがあります。

私は境界性パーソナリティ障害の疑いがあります。
気がついたのはつい最近で他の人から言われたので1度病院に行ってみようと思います。
近所の精神科に連絡するとカウンセリングなどが必要と言われました。
カウンセリングできる場所で見ても何処もうつ病などで境界性パーソナリティ障害のカウンセリングがありません。
神戸でおすすめの境界性パーソナリティ障害のお話を聞いてくれる病院はありませんか?よければ教えてください。

厳密に言うとパーソナリティ障害は病気ではないのです。
なので、病院は診たがりません。
予約の時に病名を出すと断られる事もあるので症状だけを伝え、とりあえずカウンセラーのいる病院へ。

ありがとうございます。そうなんですね…、分かりました。詳しいアドバイスをありがとうございます。とても役に立ちそうです。>

妄想性人格障害と境界性パーソナリティ障害と自己愛性人格障害の違いを教えて下さ…

妄想性人格障害と境界性パーソナリティ障害と自己愛性人格障害の違いを教えて下さい。
被害者意識(妄想)が強い人が、相手から攻撃される前に相手に攻撃する心理と、共産主義思想における強者悪、弱者被害者の位置づけで、強者(悪)に攻撃されていると仲間に被害者意識を吹き込むアレは、何という精神の病に分類されるのか?

強者(悪)に攻撃されていると仲間に被害者意識を吹き込むアレは、何という精神の病に分類されるのか?症状の名前としては被害妄想です。
しかし、妄想が部分的には真実だったりするので、本人は妄想とは認めにくいです。
http://blog.livedoor.jp/tak_tak0/archives/52346773.html妄想性人格障害物事を自分の妄想に合うように歪曲して認知する症状が主です境界性人格障害常に不安を持っている事、特に見捨てられることに怯える症状が主です自己愛性人格障害自分の価値を過剰に高く見積もる妄想が主な症状ですしかし、複数の精神疾患を併発している場合が多いので「他の症状もあるから違うじゃないか」とは思わないでください。

境界性人格障害はほとんどが女性です。
自己愛性人格障害はほとんどが男性です。

>相手から攻撃される前に相手に攻撃する心理
先にキレておくんですよ。

・受け止める度量がない
・恥をかきたくない
・お前は今から俺様を傷つけるつもりだな!
と身構えるあまり、防衛本能として攻撃します。

謝ったり認めたりしたら
もっと悪いことが起きると思っています。

彼らの理屈は
「俺は悪くない!=悪いのはお前だ!」
なんです。

自己愛男がとくに、こう言う感じです。

普通、
・「俺はそれほど悪くないと思うが・・」とか
・「この場合やっぱ俺か?」とか
・「みんながちょっとずつ気をつけてたら防げたかも、
でも一応謝っておこう」
とかなんですが、
自己愛男はそう言う考え方があると言うことすら理解できません。

対人関係が全て勝ち負けです。

「勝たなくてもいい」
と言う考えがないから
女、子供にもフルパワーでへこましにかかります。

嫁や彼女、子供、弟など、
超身内から叩き潰していきます。

それは「俺様が上だ」と言うのを
脅かされたら生きていけないから、
超身内が真っ先に攻撃されるのです。

彼らは自分を守ることで精一杯だから、
無茶苦茶な責任転嫁や嘘が、湯水のように口から溢れます。

境界性人格障害は発症は10代です。
遅くても22歳ぐらいまでには発症します。

30代以上で境界性人格障害の人は
10代からずーーーっと境界性人格障害なんです。

わかりやすく言うと
・「このハゲーー!!」の豊田議員
・松居一代
・泰葉
・高嶋政伸の元嫁、美元(みおん)
・遠野なぎこ
この辺は境界性人格障害です。

自己愛性人格障害は
・聴覚障害のふりをしていた佐村河内
・高橋ジョージ
・いしだ壱成
・押尾学
・栗田貫一

この辺は自己愛性だろうと思います。>

体育会系=自己愛性パーソナリティ障害ですか?

体育会系=自己愛性パーソナリティ障害ですか?

体育会系は、上意下達、集団行動。
自己愛性パーソナリティ障害は、ナルシズムのひどいやつだと思います。
種類がちがうと思います。

当事者からの実害が多いにも関わらず、テレビやメディアで自己愛性パーソナリティ…

当事者からの実害が多いにも関わらず、テレビやメディアで自己愛性パーソナリティ障害や境界性パーソナリティ障害があまり取り上げられないのは、思いの外当事者が多く、その人達が気分を害さないためでしょうか?

病院などを通して取材できた場合その人はもはや、通院とカウンセリングを受けようと努力している時点で正常に近いのだと思います。
自己愛性でありながら気付いていない本人に「あなた、どうして実験メモもとらないし、他の細胞を混ぜたの?」と突き詰めても「混ぜたりしていません。
むしろ私は被害者です」と答えるだけですし「じゃあ、なんであなたの実験どおりに世界の研究家が試しても成功しないの?ノーベル賞をとった教授も否定しているじゃない!」と聞いても「でも私にはできたんです。
(自分を特別な存在だと思い込まないと生きていられないのが特徴)」と答える人に『あなたは自己愛性バーソナリティ障害なので取材させてください』と言って取材ができますでしょうか?(ちなみにこの方は言動だけでなく、会見時の服装や陶酔感、家族構成や生い立ちからもパーソナリティ障害の特徴が見れます)本人は心の底から自分を被害者だと思っています。
これはどの自己愛性でも同じですし、世間を恨んでいますからね。
もっとも取材できない病気だとおわかり頂けるのではないでしょうか?

効く薬がないので、製薬会社がアピールしない。だからマスコミも乗っかれない。>自己愛性パーソナリティ障害→貴方の過去質みると貴方自身がそうなのでは?>そもそも自分がそれに当てはまる当事者だ、と自覚している人など殆どいないでしょうね。周りが指摘したところで、大概自分はその障害に該当している事など受け入れないでしょうし。だから人格障害なんだけどね。>パーソナリティ障害の酷さを知るのが被害者くらいだからだと思います。

例えば自己愛性パーソナリティ障害についても未だ以って「わがままな人」程度の認識しか持っていない人が多く居ます。実際は「わがまま」という表現以上の規格外の「人格異常者」であり、「ソシオパス」と称しても差し支えないのですが、それを理解出来るのは心理の分野を知る人間か、高い共感性・想像力・理解力を兼ね備えた人間、または被害者本人くらいなもので、ちゃんと認識出来る人がほとんど居ません。この理解の無さには日本という国が人間の心理・精神の分野において非常に遅れており、発展を怠っていることも関係しているでしょう。

そんな現状なので例え特集を組み、被害者の声や害の酷さ、また、他人にとって害悪となったパーソナリティ障害者本人たちがその現実を受け入れ、改善のためにどうすればいいのか、周囲の人間はどのように対応すればいいのかを説いたところで『知らない人には分からない』ですし、パーソナリティ障害が見せる振る舞いは「普通のようで普通ではない」ことが多く、「普通」と「普通のようで普通はでない」振る舞いの違いを正しく伝えることも困難なため、勘違いされて「やっぱりわがままな人なんだ」と、理解の無い大衆に誤った認識を植え付ける結果になる可能性が高いからです。"牛に説法、馬に銭"ってやつですね。

大衆の誤った認識が強まれば、被害者の悲しみは一層理解されなくなるでしょう(「わがままな人にちょっと困らされた」程度にしか思ってもらえない)し、パーソナリティ障害者本人たちの改善の努力の妨げにもなるでしょうから特集が現状で組まれないのは正解ですけどね。国民、ひいては国そのものが"人間"に対する認識を改めない限り現状のままでしょうね。>それは無い。むしろ、理解しにくい脳の病気なので、特集が組みにくいのだと思います。パーソナリティ障害はかなり個人差が出るので一概にまとめて結論づけ出来ないと思います。>

最近、パーソナリティ障害というものをネットで知りました。

最近、パーソナリティ障害というものをネットで知りました。
正直、現在の自分について悩んでいたところ、そういったものを知り、これまでのことも含めて、自分がそうでないかと感じるようになりました。
まず、こういったものはちゃんとした検査等で、障害なのかそうでないかはっきりとわかるものなのでしょうか。
それとも、仮に病院等に行ったとしても、そういう傾向があるようだから、治療しましょうみたいな曖昧なものなのでしょうか。
もし、主観的ではなく精密にそういったことが検査できる場合、それはどのようにして受けられるものなのでしょうか。
また、そのように診断された場合、どのような治療を行い、それはどの程度の期間必要なのでしょうか。
現在学生の身ですが、こういった傾向の人間はまともに社会でやっていけるのでしょうか。
相談できる人もおらず困っている状況です。

学生なら、臨床心理学の先生がいらっしゃると思います。
少なくとも、教育相談という講義を担当している先生がいるはずです。
臨床心理学の先生は治療や薬を嫌っています。
対話で社会に適応できるようにしようとします。
心配なら、その方と話して、大丈夫か診てもらうことをおススメします。

一ヶ月ほど前に一度利用させていただきました。
ただ、もう一度いく気には慣れません>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする