日本でギャンブル依存症の対策が きちんと行われていない と言うのは …ギャンブル依存症

日本でギャンブル依存症の対策が

日本でギャンブル依存症の対策がきちんと行われていないと言うのは日本では自己破産が簡単に出来ない自己破産ができる額が比較的高いからギャンブル依存症が悪循環する面もあるのでしょうか?

対策といっても大したことはできないのでは?抜本的な対策がなされたら業界不要ということになる。
そもそもが業界の利権ですから。
こんなに数多くのギャンブル種類があるのはおそらく日本が一番です。
依存症の人にたくさんやってほしいのが真の目的ですよね。
カジノで依存症がどうのこうの言っていますが、そもそも既にたくさん賭博の種類が日本にあります。

【自己破産ができる額が比較的高いから
ギャンブル依存症が悪循環する面も・・・・】と云うのは
全く関係ありませんよ。

破産の免責不許可事由の中には
免責不許可事由となる浪費・賭博その他の射幸行為、として
【破産法 第252条第1項第4号】
浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって
著しく財産を減少させ、
又は過大な債務を負担したこと。
とあります。

一応、破産の申し立てを行っても
免責不許可事由に該当していますから
所謂、借金がチャラにならない場合もあるのですよね。
と云う事は
折角、破産の申し立てをしても
それが何の意味の成さない
そんな結果にもなりかねない状況だと思いますよ。>日本人は依存症の人には冷たいです。ダメ人間と軽蔑してます。>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする