心身症にて、ストレスがかからないよう職場の環境調整を要すると診断…心身症

存在意義

存在意義今日は誕生日です。
学歴もスキルもなく働いて心身症煩いながらもここまできました。
みなさんの存在意義とは何ですか?心がけや前向きな言葉ほしいです。

お誕生日おめでとうございます!自分にも言い聞かせていることでもありますがお話させていただきます!私も学歴がありません大学受験を考えていましたが夢があり、進学はやめました。
大学進学が当たり前ですので自分の道を行くといったからには親にも逆らっているわけで家を出て自分で暮らすことにしました。
お金もないし何もないから最初は友人の居候からでしたが家を借りるのも大変ですし生きていくこと、自立は大変でした。
そのうち、夢よりも金儲けのほうに自分が傾いていくのですが泥水を飲むような思いや悔しい思い、思い出すと今でも怖くなる経験などしてきました。
まだ20代ですが苦労は普通の人の一生分してしまったような気もします。

今は多少はお金も稼げるようになっていますがやはり苦労も多いです。

私が本当に辛い時、投げ出したいときにいつも思ったのは「逃げたら負け」といつも思いました。
別に負けてもいいのかもしれないけど逃げたくなかったです。
人と同じ道を歩けばいいのにわざわざ自分で道を考えたらなら逃げたら自分を否定することになるからです!学歴がなくても、自分に何もなくても自分に負けない自分ぐらいは欲しかったんです。
昨日の自分は逃げなかった負けなかった!そういう過去の積み重ねを自信や誇りにしたいと思いました!それだけで、なんとかやってこれましたが辛いときじゃなくても頑張らないと感謝や良いことも分からないと思っています。
運動のあとにご飯とか飲み物美味しいですよね!それの延長線というかどんなに意味がないようでも頑張ることが結局は喜びを生み出しているとかんじます!存在意義は生まれてきたという事実ですせっかく生まれてきたなら納得したいです!自分にも人生にも

お誕生日おめでとうございます??

心静かに呼吸を味わっていると、宇宙、地球と一体化して、自分が小さな小さな細胞の一つのように感じられる時があります。道端に咲く雑草花のようにただそこに咲いている。生かされていることに感謝することを心がけています。また、食べる時は食べることに意識を集中、目の前のことを一つ一つ丁寧に。

私も病気をいくつか患い苦しい時期もありましたが、そのおかげでたくさんの気づきを得て、今の平穏があります。苦しみを苦しみと受けとめ、苦しい時は止まない雨はない、明けない夜はないと 自分に言い聞かせていました。
宇宙から見た自分ってほんとにちっぽけ、自分が抱えている苦しみも自分にはこんなに大きく思えるのに

幸いでありますように>

あんや緊張した状態で深呼吸すると期外収縮がおきます。
その他にも運動時や安静時…

あんや緊張した状態で深呼吸すると期外収縮がおきます。
その他にも運動時や安静時などにもおこるときがあります。
ほかにもいろいろな心身症がおきていて検査しても異常がみつかりません。
自律神経失調症なのでしょうか。

わたしも全く同じで今ベットに横になってたらまた突然なったので知恵袋でここに辿り着きました(笑)わたしも循環器科で心臓見てもらいましたが異常なく内科で自律神経失調症と言われました(><)まぁたしかにわたし冷え症ですし、神経質で心配症な性格なので自律神経からきている期外収縮だと思います(><)わたしも緊張したり、安静時にもなります。
いきなり突然なります^^;

その場で肩を上げずに十分な深呼吸ができますか?

姿勢の悪さ、顎関節症、慢性的な首肩のこりはないですか?

自律神経失調症のような症状も含めてパニック障害は自力で治しました。
治ってから言えるのは一般的な原因解釈、治療法には本当に妥当性があるのか?ということです。
また、「パニック障害」に限らず、多くの気分障害は同様に言えることかもしれません。

内科、歯科、呼吸器科、循環器科、心療内科、精神科などで総合的に診断を受けてみてください。
1箇所に固執せずに総合的にです。
また、原因の説明、治療方針についてはご自分でも妥当性を判断してみてくださいね。

パニック障害を治した過程を元に回答します。

私はパニック障害でしたが、併発していた症状、近年で急増した原因の医学的な解釈の不明確さから原因は精神的ストレスではなく、併発していた症状を含め原因は体にあると断定して自力で治しました。

深呼吸をしたときにしっかり吸えていない、肩を過度に上げないと満足にできない、肋骨に不可解な痛みや圧迫があるなどはありませんか?
私には慢性的な息苦しさがあり、頻繁に深呼吸をしていました。
ただ、深呼吸を何度しても満足に酸素が取り込めていない感覚があり、肩も大きく上げないと駄目でした。
それが今では全くありません。

平常時

何らかの緊張

呼吸の乱れ

パニック発作

人間は緊張すれば心拍数の上昇や体の筋肉の緊張があるわけですが、平常時に満足な呼吸ができていれば多少呼吸が乱れても何の問題もないものの、慢性的に息苦しい状態があると多少の乱れで許容レベルを超えて過呼吸やパニック症状が生じると考えました。

では何故、慢性的な息苦しさがあるのか?
(私は息苦しい状態を数年我慢していたため、更に悪化して明確な「息苦しさ」として認知できるようになりましたが、明確に「息苦しさ」を感じない状態でも体としては十分息苦しい状態になっている方が多いのではないかと思います。)

原因は姿勢の悪さによる「胸郭の歪み」でした。

胸郭、すなわち肺を囲む肋骨の稼動不良により肺が十分拡張できず、慢性的な息苦しさに直結していたという解釈です。
骨格の歪みなんていうものがあるなら、レントゲンでおなじみの整形外科でも指摘頂けそうですが、残念ながら整形外科では問題として認知できないようです。
私は3箇所の整形外科で同時期にレントゲンを取ってみてもらいましたが、全く指摘されませんでした。

でも鏡を見れば明らかに右肩が上がって、更に右肩が前傾、左肩が後傾し、右肩が極度に上げにくい状態でした。
更に同時期にあった以下のような症状も「胸郭の歪み」「体の歪み」の存在を確信させる要因になっていました。
・顎関節症
・片側の首こり、肩こり
・右肩甲骨の痛み
・首が痛くて左を向けない
・椅子に座ると真っ直ぐにならない
・立っていると真っ直ぐにならない

体の歪みに注目してみてください。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。

この事に気がついて多くの症状を治すことができました。
深呼吸をしても肩は上がらなくなり、日常的な呼吸も非常に安定しました。

対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。
また、日常生活の中で姿勢を正すことも重要でした。
ちょっと過度に胸を張るように生活すると丁度良かったです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。

まずは背中のストレッチを進めてみてください。

やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。

・慢性的な首こりの原因と首こり解消法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898

・猫背の本当の原因とは
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815

・自律神経失調症の原因
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331>

辛い経験で心身症の気がします、何か宗教を信じると軽くなりますか

辛い経験で心身症の気がします、何か宗教を信じると軽くなりますか

当然な条件だから発症も必然だが、乗り越える幸運な人もいます経験がトラウマになるのは仕方ないが、徐々に薄めるしかなくて色々な考え方を習う一例として、人は60兆個の細胞で生き2000億個の脳細胞で精神を湧き出して感じ、考えているが、それらの細胞は最高3年で入れ替わるのが生きていることの仕組みなので当然に記憶も入れ替わるべきなのに変わらずにトラウマに変わるこれはわざわざ辛く悲しいことを憶え続ける努力をしているので忘れる必要があり、昔から「時間薬」や「楽しみの趣味」に転化する工夫が語られていますが、心の平安は喜怒哀楽からの卒業が理想であり、生きる意味や進むべき人生の姿を持てば随分と安定できるもので、その一例に釈迦の最古の口伝とされる法句経を紹介しますから、手書きで写し取りながら身に付けられます様にね【真理のことば】☆ダンマパダ☆【真理の言葉】-中村元訳です http://seijyaku.fc2web.com/hou.htm

ありがとうございました>ならないのがふつー(@_@)>

うつ病、心身症、自立神経失調症について。
違いがよくわかりません。
簡潔にご説明…

うつ病、心身症、自立神経失調症について。
違いがよくわかりません。
簡潔にご説明していただけるかた、いらっしゃいませんか。
補足精神科では心身症と言われ、心療内科ではうつ病と言われ、漢方薬の薬剤師からは自立神経と言われた。

まあ、どれでも同じだよ。
WIKIで調べたら、どれもこれも同じ様な、違う様な事をかいてあるから、それで調べて再質問した方がいいよ、抽象的過ぎて分からない。

ヤッパリそうですね。>

シーバしか食べない猫に、他にお勧めのカリカリは無いでしょうか?

シーバしか食べない猫に、他にお勧めのカリカリは無いでしょうか?拘束型心身症の肺水腫から回復した食欲がない二歳の猫がいます。
ずっとあげていたロイヤルカナンを食べなくなり、モンプチ、コンボ、いろんなレトルトを試しましたが、臭いがしないのか嗅ごうともせず食べません。
唯一食べるのは、シーバとちゅーる、金の何とかと言うゼリーレトルトです。
(ちゅーるをかけるとロイヤルカナンも少したべました)しかし、ちゅーるやゼリーはカリカリと併用とかいてあるため、もっとカリカリをあげたいですが、唯一食べるシーバもたまに食べなくなるため、病気が悪化したときなにも食べてくれなくなるのでは心配です。
これはよく食べますというカリカリを教えてください!補足カリカリに拘る理由は、やっぱり食べると元気になってくように見えるからです。
もしカリカリでなくても元気でいられる、または食欲がないときは体力を保つための高カロリー食品があるなどご存じの情報があれば教えていただけますでしょうか。
(今は心筋症発覚直後でまだ元気ですが今後の対策をしておきたいです)

ヒルズのs/d缶、アイシアの健康缶、ここら辺をドライと混ぜて与えるのが良いと思います。
アイシアの健康缶は美味しくできて居て食いつきも良いと思います。
それだけ与えても良いと思います。
参考までに♪

心身症を患った場合の自立支援法?について

心身症を患った場合の自立支援法?について私の友人が、心身症を患っています。
彼女は何度も主治医に入院を勧められているそうですが、知的障害を併せ持つ自閉症の子どもさんを一人で育てているため、生活のためにそれもままならないようです。
子どもさんの自立支援枠はすべて、日々のデイサービスセンターの利用に使っていて、離れたところにあるセンターへの送迎などはすべて友人が行っています。
かなり大変なようで、友人は心身共に疲れ切っています。
そこでなのですが、生活がままならないほどの病気をもった方への自立支援法?というので、ハウスキーパー(家のお掃除や買い物など)を頼める、という噂を耳にしました。
もしそれを使えば、子どもさんのデイサービスセンターへの送迎や、日々の家事も任せられるようなヘルパーさんが来てくれないものでしょうか……。
辛そうな友人を、これ以上見ていられません。
どなたか詳しい方がいらしたら、この支援法の詳細や申し込み方など、教えて頂けないでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。

デイサービスを行っている施設の中には送迎を行っているところがあります。
ご友人については入院を勧められる程ですから自立支援法のサービスを利用できると思います。
それらについて相談支援事業所か市町村の福祉課で相談してください。

心身症 、自律神経失調症、うつ について

心身症 、自律神経失調症、うつ について私は今年の五月頃から心療内科に通っています。
過換気症候群になったり、急に車酔いをしたり原因が分からないため病院にいって、パニック障害と心身症と診断されました。
現在、 アルプラゾラムとフルボキサミンを処方されて飲んでいます。
不眠の時があるため、その時はゾルピデムを飲んでいます。
五月からこれらの薬を毎日飲んでいますが、効いているときはすごくハイになったり、また、そうでない時は病院に行く前のような憂鬱な気分が続いたりします。
効いてるのか効いてないのかわからないし、自分が本当に心身症とパニック障害なのかまたは抑うつなのか、わかりません。
自殺願望はありません。
でも何もする気がおきません。
楽しいことも、そうでないことも。
仕事したくなくて甘えてるだけだといえばそうかもしれませんが、自分が自分でないような感覚にとらわれたり、自分が何者だか分からなくなって頭からっぽになったような感覚になったり、このどうにもならない感情を抑えきれずに暴れたくなったりするんです。
この感覚は病院に行く前も今もかわりません。
生理で左右されてる感じはあります。
今もどうしたらいいかわからなくて、色々調べてみたのですが、心身症にも当てはまるし抑うつにも当てはまるしあたまがグチャグチャになってしまいました。
どうしたらいいですか、誰か教えてください。
お願いします。

薬があなたに合ってないような気がします。
私はゾルピデムを飲んでますが合ってないのか辛い夏休みが終わり一人になると余計なことを考えてしまって私も何もする気が起きない。
余計なことは考えずに医師に相談するのが一番かと…

精神科でパニック障害と診断されたことがありますが、自力で治しています。
原因は精神的なものではありませんでした。

貴方には肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや痺れ、顎関節症などはありませんか?

自律神経失調症やうつ病などの原因は体の問題かもしれないと思っています。
精神的ストレスは一因ではあるものの、きっかけでしかないと解釈しています。
私には多くの症状があったのですが、一番つらいのは慢性的な「息苦しさ」でした。
精神科で精神的な問題であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く効かない。。

でもこれが奏功したのは間違いありません。
結局自力で治す事に成功しましたが、問題は「体」でした。
もしかすると多くの同様の症状の方々の原因も体では無いかと思うようになっています。
それにしても体の症状について併発することが多いとCMで言っていながら親身に相談に乗ってくれる精神科医が居ないのは非常に不可解ですね。

一緒に治した症状は以下の通りです。
顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。

・顎関節症
・顔面と後頭部の痺れ
・顔面の歪みによる笑いにくさ
・唇が歪むような喋りにくさ
・飲み込み辛さ
・喉が押されたような苦しさ
・歯ぎしり
・日中のかみ締め
・食事中の片顎で食べる癖
・首こり
・肩こり
・腰痛
・立っていても座っていてもフラフラする感じ
・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ
・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害
・息苦しさ
・不安感
・人と対面したときの著しい緊張感の高まり
・緊張したときの異常な口の渇き
・心臓辺りの痛み
・わき腹の痛み
・目のクマ
・眼精疲労
・頭痛
・食後の弱い吐き気
・集中力の低下
・記憶力の低下
・思考力の低下
・偏頭痛

簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。
当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。
これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。

立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?
また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?

これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。

背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。
大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。

「こんなとこなんで問題になるの?」

とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。
問題は「腕の上げすぎ」です。
日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。
ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。
また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。
治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。

また、最近、昔何気なく抜歯した上顎の埋没した親知らずが首の歪みの原因であった可能性も見出しています。
それを原因としたあらゆる症状の発症プロセスは以下のように推測されます。

腰痛、歩行障害

胸椎、肋椎関節の歪み、旋回→肩甲骨のこり、腕の上げづらさ、肋間神経痛、【息苦しさ】

頚椎の歪み、旋回→首こり、肩こり、ストレートネック

☆上顎の親知らずによる第1頚椎の変位

顎の歪み→顔の歪み、噛み合わせ悪化、頭痛、頭部の慢性的な緊張、笑いにくさ

歯ぎしり、噛み締め

顎関節症

あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。
なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。

共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。

・猫背の本当の原因とは
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815

・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419

・自律神経失調症の原因
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331>暴れたいときには体を動かされては。経験上、余分なエネルギーは発散した方が早く安定します。ぬるいお風呂に長めに入るのも体力を使いますし、部屋でストレッチやラジオ体操みたいなのをするだけでもだいぶ違います。

内面にはまり込んでいるときだと、「そういう問題じゃない!」と言いたくなるかもしれませんけど、そういうのも絡んでいます。本当にエネルギーが枯渇しきっているいるならもはや暴れたい衝動も失われます。

暴れたい衝動がある状態でも「うつ」というとすぐ、静養、と言われがちですけども、頭を休めるのが大切なだけです。その頭を休められないなら休ませるのを目指して体を疲れさせるのは効果があります。体が疲れれば少しは脳も落ち着きます。やり過ぎは厳禁ですけども。

それをしないでじっとしていて頭だけ動き続けて疲れ果ててしまう。そこまでいってしまって長期放置するとちょっと体を動かすことすら大変な苦痛になってしまいます。

その前に、体を動かすこと、それと、栄養のバランス、生活習慣の見直しをお勧めします。気分が落ちているときではなく、少し上がっているときに。上がっているときにやり過ぎがあって落ち込みが大きくなっていることもありますし、ほどほどで。

何だかわからないけど落ち込む、暴れたい。何だかわからないのですからそちらは手の施しようがありません。手の施しようのあるところから手を出していくしかないでしょう。>

緊急です!

緊急です!仕事で心身症になった患者は最近5年で何人いますか?また心身症の詳細を知ってれ方いればお願いします!

患者の集計は、見当たりません。
心身症は、その身体疾患の症状発現や症状の消長にこころの問題の関与が大きい身体疾患の総称。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E8%BA%AB%E7%97%87

心身症にて、ストレスがかからないよう職場の環境調整を要すると診断書を出されま…

心身症にて、ストレスがかからないよう職場の環境調整を要すると診断書を出されました。
また、心療内科からは退職を勧められましたが、退職するのは甘いでしょうか?10月から正社員の事務職に転職しました。
仕事はとても厳しく、ついていけるのかの不安を感じながらも頑張ろうと思っていました。
しかし、仕事を始めた頃から眠れなくなり、毎晩仕事の夢を見るなど、すっきり眠れなくなりました。
また、眠っている間うなされ、身体が震えていると家族に言われました。
仕事中は上司からメールの着信があると恐怖感を覚え、メールを読むのがとても怖いです。
泣き叫びたくなります。
ついに一昨日から、家族に「仕事がツラい」と毎朝泣きつくようになりました。
そして今朝、身体が動かずパニックに陥ったように泣きわめき、試用期間中ですが体調不良ということで休みをいただき、心療内科にかかりました。
結果、心身症であり、このまま働くと重い鬱症状に陥る可能性が高いため、退職を勧めますと言われ、診断書をいただきました。
しかし、私自身の能力不足であって、決して職場に落ち度はないため、診断書には「職場の環境調整を要する」とはありますが、退職の意思を伝えようと考えています。
しかし、主人は「もっと楽な仕事にしてもらえるよう頼んだら?」と退職に否定的です。
ここで辞めると逃げ癖がつくからだ、と言います。
この状況で退職するのは私が甘いのでしょうか?もっと頑張った方がよいのか、分からなくなりました。
ご自身の経験談なども含めて、アドバイスをお願いします。
また、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

そこまで辛い症状が出て拒否反応もあるのに、無理して仕事に行ったところで体調が改善するとは思えませんし、むしろ、悪化するのは必至だと思います。
事務職でどんなつらい業務か詳細は分かりませんが、少なくとも今の職よりあなたに向いた仕事はあるはずです。
体を壊してしまっては、将来、一生働けなくなるかもしれません。
健康あっての人生ですよ。
今、勇気のある決断をしてしっかり治すことが大切だと思います。
治ったら再スタートすればいいと思います。
私も不安障害(対人恐怖)持ちですが、それに一番向かない職を20年近く続けて心身ともにボロボロになりました。
その後、体と相談しながら転職した結果、給料は激減しましたが、体は回復しました。
いまでも転職して正解だったと思っています。

>この状況で退職するのは私が甘いのでしょうか?もっと頑張った方がよいのか、分からなくなりました。

よくわからない本当のことは、他人のこころ、考え方、他人の評価、周囲にどう思われるか、あなたのことをどのくらい理解されるか、ということです。

心身症の状態の特徴は自分の感じ方が鈍くなっていて、自分を過剰に適応させてしまいがちになります。
自分のストレスがよくわからないということなんです。
鈍くなっている状態なんだと理解してください。

あなたを理解しない他人(医師以外の)は自分の良かれを言います。
少なくとも、ご主人は、これまでのあなたや、あなたの色々な一面を知っていると思いますので、ご主人の意考えの、言葉の理由をよく聞いてみてはどうですか。
それが、理想のこうあるべき論ならば、今はそういう、「人はこうあるべきが良い」という話しをしているときではありませんね。
逃げ癖がつくというのは以前も似たような事があって、二度あることは的な考えなのでしょうか。

今は、向き合う方法ではなく、一旦回避し、休養し、本来の健康を取り戻す方法を優先させるときだと思います。
逃げなくてはならない時に逃げず、療養しないせいで、回復に何倍もの時間がかかったり、回復不可能になったりすることも多々あります。
逃げずに居たとしても、自分らしく生きている実感が持てないのですから、それがつらいのです、かなりね。

問題から逃げず、向き合い、改善、克服するという姿勢は心身が健康であるときの仕事に対する(理想的な)モチベーションかもしれませんが、まあ、ご本人は健康体でしょうからね。
それとも、普段からわりと理想論者なのかな。
自分の家族が泣きわめいている状態に・・冷静な応じるのですね。

なにが良くて、何が悪い、という普段の一般的な判断はいったん、どこかに置いて、あなたが日常生活を送れる気持ちになれることを優先する価値に置いて考えてください。
今は、自分の気持ち、どうしたいのかが優先、他人のことはどうでもいいの順番です。

今はあなたのこころと身体の緊急事態なのですから、素っ裸の自分が、わかれ道に立ちすくんでいるようなものです。
今、自分にとって一番何が必要ですか。
その仕事、職場は、最も無くてはならないものですか。

自分はどう思うのか、自分の体調、自分の気持ちを一番優先させる時だと思います。
今のあなたは永遠じゃありません。
あれもこれも持っているけれど、どれも壊れていたら、どうですか?
嫌いなものやいらなくなったものを無理して抱え込まず、手放して、自分の世界を新しくしたり、変えていきましょう。>ご主人は頑張れとはおっしゃってませんよね^^;その環境の中でもっと楽できるやり方を探したら?とおっしゃってるだけで。質問者さんご自身がもっとしっかりやらなくてはと思い過ぎていらっしゃるだけなのではないかという印象です。そのため、無難な手抜きにも目が向かずいっばいいっぱいになられているのかも。

その分担は本当にあなたがやらなくてはならないことですか。仕事はそこまで手をかけないといけないですか。

正社員だとフルタイムですよね。パートタイムの仕事をされていたのであれば、もっと手を抜いたペースでないと保たないですよ。ご主人は家事もされる方なんでしょうかね。共働き、両方フルタイム勤務なら家事は半分分担でないとフェアじゃないです。

というのがわからなくなるような状態だと追い詰められるだけになってしまうので今の状況から離れる選択肢があるのも確かです。逃げ癖になるかどうかは…状況、人、タイミング次第でしょう。

主治医の言うことを聞かずに悪くなったら主治医の責任にはできるけれど、辞めたら色々どうなるのかはすべて質問者さんにかかってくることです。医者の役割は患者の健康を守ることで社会的な立場や感情は二の次ですからね。そこはご留意された方がよろしいのでは。

後になってどちらが良かったのか俯瞰できますが、今は今わかることからしか判断のしようはなく、絶対こちらが良い、なんてことは誰にも言えません。もう少し落ち着いて様々な面からお考えになった方がいいのではないでしょうか。他人は簡単に休めと言えます。>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする