強迫性障害の者です。本日、職場での出来事での不安です。自分専用の…強迫性障害

強迫性障害辛いです(;_;)死にたくなります。
どうすれば良くなりますか?

強迫性障害辛いです(;_;)死にたくなります。
どうすれば良くなりますか?補足良かったらコメント頂けると嬉しいです

体験者です。
ご苦労お察しいたします。
一般の療法とは違う事を言います。
セカンドオピニオンとしてよろしければ参考にしてください。
>強迫性障害辛いです体験者です。
あらゆる療法修行をしました。
大丈夫です。
>死にたくなります。
死にたくなるというのはより良く生きたいということです。
ただ、そのための努力の方向が違うのです。
つまり、他の療法のように、心をテーマにして努力する事は方向が違うのです。
努力の方向は、目の前の目に見えるところ、その場その時のしたい事すべき事です。
頭痛なのに、足つぼを押されるような、意外な話です。
それはこの障害の治り方が他の病と違うからです。
>どうすれば良くなりますか?良かったらコメント頂けると嬉しいです治そうとする事が止んだ時、解放されます。
治そうとすればするほど、治らないと体験されているとおりです。
繰り返しですが、この障害に関しては治り方が違うのです。
(行動療法、認知療法、カウンセリング、薬物療法などすべての手段をもって)治す事が止んだ時、その障害自体も止むんです。
それはいつかと言うと、(心をテーマにしないでどんな心もそのまま排除しようとせず、不安のまま、気持ち悪いまま、落ち着かないまま)目の前の、本来のしたい事すべき事に向かっている時なのです。
我を忘れるほど、その事に向かう時です。
余談ですが、できそうにない時は、ウソでも、演技でも、そのフリだけで結構です。
やる気のない時はとにかく道具を持ってその演技をする。
掃除したくなくとも、勉強する気なくとも、やる気を出す必要はないのです。
心をコントロールしようと無駄な事はせずに、ただ演技する。
演技したら、結果、やる気な今までも掃除したことには変わりありません。
そういうように、やっていけばよろしいのです。
学校行きたくない時でも、行きたくないという気持ちはその時は本当なので、本当のまま。
心をコントロールしようとする必要がない。
ただ、たかだか、卒業あるなしで就職先や賃金までも差別されるので将来後悔したくない、つまり、出席日数がほしいので、何としても行きたい。
心は無理に変えないで行動するだけです。
つまり、やる気を起こそうとしていたから摩擦が起きてたんで、心そのまま、時間になったら、やる気ないまま道具を見につける。
例えば、学校に行くとしたら、道具は学生服、靴、鞄です。
後はドアに手をかける。
外に出たら、もう動くのに大変な機関車が動き始めたと同様です。
動き始めたらその調子で行くだけ。
過ぎてしまえば、大したことは何もない。
神経症(強迫性障害)は、器質的な障害でなく一般の病気でない(簡単に言うと過度なこだわりに過ぎない)から、実はご本人にとってかなり無謀な事と思えても実は無理がきくんです。
くりかえしですが、最終決着は、目の前の、本来のしたい事すべき事に向かっている時なのです。
我を忘れるほど、その事に向かう時です。
その時が完治のすがたです。
ちなみに、治す事が止んだ、その障害自体も止んだという自覚がその時ありません。
後でそう言えば止んでたなと気付くという次第です。
そこで、注意する事は、また、見えない心に努力する事が始まれば、再開します。
どうぞお気を付けください。
もしこの話に共感される場合のみ、一般の療法とは違いますが以下参考にしてください。
宇佐晋一 講話録(音声データ)http://sanseikouwa.blog.shinobi.jp/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E3%83%87%E3%8…ちなみに、宇佐先生の病院は閉院しました。

病院に通って薬が効かないですね。胃腸が悪いのではないでしょうか。ビオフェルミン飲んで下さい。それと冷え性ではないですか?身体が温まる入浴剤、できれば薬湯がいいです。一時間位出たり入ったりして体を温めて下さい。学校は勇気を出して行けませんか。単位を取らなけれは留年になって後々大変です。このまま行かなければ引きこもりになって時が流れてくばかりになります。病院の先生に長く効く安定剤を処方してもらいましょう。恐怖心は身体の冷えから来ますよ。冷やさないように過ごして下さい。それと生理は順調に来てますか?来てない場合、婦人科を受診して下さい。ホルモンバランスの乱れで自律神経も乱れます。眠れてないなら睡眠薬も一時的に必要です。良くなりますように!>

強迫性障害の事について質問なんですが、症状はあっても、何とか仕事や学校に行け…

強迫性障害の事について質問なんですが、症状はあっても、何とか仕事や学校に行ける場合は、強迫性障害と診断されないのですか?仕事や学校に行けなくなって初めて強迫性障害と診断されるのでしょうか?

よろしければ参照してください。
>強迫性障害の事について質問なんですが、症状はあっても、何とか仕事や学校に行ける場合は、強迫性障害と診断されないのですか?仕事や学校に行けなくなって初めて強迫性障害と診断されるのでしょうか? ひとつの診断基準として生活に支障が出るかどうかが問われますので、その意味で強迫性障害とは言い切れません。
>仕事や学校に行けなくなって初めて強迫性障害と診断されるのでしょうか? その他症状らしきものを異常なものとして病気であると認識して治そうとしているかどうかです。
治そうとすることで治そうとする自分と、治される自分の葛藤が伴います。
葛藤は、この障害の苦悩の本体です。
ちなみに、何とか仕事や学校に行けるのでしたら、そのまま、続行してください。
そして、症状らしきものを異常なものとして病気であると認識して治そうとしない事です。
そこから、この障害はスタートします。
治そうとする事で自縄自縛する事を知ってください。
心(症状らしきもの)のあり様を変えようと、心に用事することなしに、その場その時の本来の目的の達成に力点を置いてくださるようおすすめします。
本来の目的の達成に尽力する時、おのずと、治す事の工夫が止み、症状はあるままその作用は無効となります。
もしこの話に共鳴される場合のみ、以下参照にしてください。
宇佐晋一 講話録(音声データ)http://sanseikouwa.blog.shinobi.jp/

.

.ー強迫性障害についてー大うつ病から強迫性障害……ということは有り得ますか??

プラスされることはあり得るでしょうね。
うつ病の症状が元から強迫性障害の症状に近いようであれば無くはない話です。
精神疾患は症状で病名が付きますから。
他の病気のように血液検査で~とかではないですし。

ご回答、有難う御座います。そうなのですか。>ありえないと思う。そんなことあるの?>

助けてください。

助けてください。
強迫性障害と思われる症状が日に日にひどくなっています。
私は中学2年生の女子で1年ほど前から強迫性障害の症状があります。
主な症状は不潔恐怖と縁起恐怖です。
ここ最近は不潔恐怖がひどくて自分の周りにあるものすべてが汚染されているような気がして物に触るたびに菌がついたかも・・・という強迫観念が浮かんできて手を洗わずにはいられなくなります。
空気も水も食品も菌に汚染されてる気がして食事もうまく取れなくなってきました。
病気になることに異常な恐怖があります。
とても辛いです。
でも死にたくないです。
生きたいです。
でも苦しくて苦しくて・・・どうしたらこの恐怖と苦痛から抜け出せるでしょうか?質問じゃないのに投稿してしまってごめんなさい。
苦しいです。
助けてください。
乱文で申し訳ありません。

はじめしてまず落ち着きましょう。
ゆっくり深呼吸して。
まず、強迫性障害についてですが、強迫行為を行わないと何事も手に付かず、物事にも集中できないため、強迫行為をしたくなる衝動にかられます。その衝動は非常に激しく、自分の意志ではどうにもなりません。しかし、最初は気になって、物事に集中できなくても、無理矢理にでもやっていると、やがて徐々にですが不快感が薄らいでいく感じが得られます。そうすると、強迫観念に対する捉え方や考え方が変わり、以前よりも強迫観念をコントロールしやすくなります。強迫観念を無視して、強迫行為を行わなかった場合、確かにしばらくの間は、他の物事に集中できなくなり、能率が落ちるものです。しかし、そこを何とか我慢すると、強烈な不安感や恐怖感はしだいに薄らぎ、徐々にではあっても、本来やるべき事に集中できるようになってきます。その時には、すでに強い不安感や恐怖感は感じられなくなり、ちょっとした達成感のようなものが湧いてくる時があります。強迫観念に襲われた時は、とにかく頭の中で考えをこねくり回さないことが大切です。極端にいうと、強迫観念に襲われた時は、思考を停止しなくてはいけないのです。強迫性障害の人は、初めのあらゆる考えや思いつきについて、しつこく考え過ぎる傾向があります。物事を突き詰めて、深く考えてしまう「癖」がついているので、強迫性障害に陥ってしまうのです。したがって、物事を深く考えない癖をつける必要があります。これは、言うは易しで、最初は非常に辛いもので、難しいものです。強迫観念が襲ってきても、これ以上考えてはいけないと、意識して努力していれば、良い癖がついてきます。強迫観念について、考えれば考えるほど、正解から遠ざかることをしっかりと理解しておくことが非常に重要です。こんな感じでどうですか?引用ですが、参考までに。

地震の影響で。原発の汚染物質とかのニュースでスイッチはいっちゃったのかも。無菌状態にはなかなかならない。手を洗う。何回洗ったか数えてみたら?ハンドソープも除菌シートもある。
できれば、病院行ったほうがいいかも。睡眠不足が心配です。気にしすぎが強迫観念だし。不安でいっぱいな状態。病院いくと多少かわるかも。スクールカウンセラーとかに相談するとか。>私は種類は違う強迫性障害もありました。辛いと思います。。大丈夫だと思っていても気になってしょうがないですよね・・・

確かな情報を得ることも安心につながりますよ。今菌等で死ぬことは滅多にありません。特殊なものは別ですが・・>

強迫性障害の疑いを感じて、(強迫性障害に限らず)診断に行った時に、病気じゃない…

強迫性障害の疑いを感じて、(強迫性障害に限らず)診断に行った時に、病気じゃないと言われて帰される事ってありえるんですか?商売の為に、とりあえず病気にして、患者にして、薬を渡すんですか?個人的には、正直に診断してもらいたいんですがね。
補足てか、だとしたら最悪じゃないですか。
法に引っかかるレベルだと思うんですが。

そういうことは実際に聞いたことがありませんが、強迫性障害は病気とも捉えることができるし、病気ではなく、ただの症状として捉えることができるのと、強迫性障害には、いろんな種類の症状または病気があるので、非常に曖昧なものです。
だからそのようなことが起きるんだと思います。
今の現状では、強迫性障害も病気だと判断されているようです。
私は、強迫性障害になっていますが、とりあえず、薬を出すことになっていることが多いですね。
薬物療法の方が効き目があるという話があるそうです。
私は、薬飲むのが嫌だったので、精神科などに通っていませんし、薬は服用していません。
あなたの強迫性障害とは、どういった症状ですか?手洗いすぎとか、鍵しまっていないか何度も確認するとか、悪いこと考えすぎて、生活に支障があるとかですか?

ご回答ありがとうございます。私の場合は頭の中で強迫行為をしてしまうタイプのものです。疑問が浮かんだら納得するまで考える、考えている間は強迫行為に没頭しているので、その他の作業が早く進まなかったり…仕事の時は割と大丈夫なんですが、休みの時とか症状が強いですね。ちなみにまだ病院には行っていません。>

強迫性障害って、完治しないんですか?

強迫性障害って、完治しないんですか?

少なくとも、先天的な発達障害に起因する強迫性障害の場合は、予後が良好な場合が多いようです。

強迫性障害の者です。
本日、職場での出来事での不安です。
自分専用の湯呑みコップ…

強迫性障害の者です。
本日、職場での出来事での不安です。
自分専用の湯呑みコップに90度以上の熱湯を半分入れた後に仕事を続けていました。
私のデスクには自販で買った冷たい水と冷たいお茶との日本のボトルが置いてあります。
私としては自分専用の湯呑みコップの半分の熱湯に冷たいお茶を入れて飲もうとするつもりでした。
その間に仕事上でちょっとしたミスをしたので気分転換にお茶を入れて飲もうとしたら、湯呑みには満杯のお湯(お茶ではなくて)が入っていたので驚いてしまいました。
そこから飛躍した話になるのですが、私が無意識のうちに熱湯を飲んだのではないか、喉や食道が火傷して将来、ガンが発生するのではないかという不安に襲われました。
先日は、チョット熱いものを飲んで三日連続で耳鼻咽喉科で喉の火傷の可能性を診てもらいましたが、以上なしでした。
その時も喉がヒリヒリするわけでもなく、声が出しにくいわけでもなく胸の違和感があるわけでもなかったのですが、不安で三日連続して喉の診察を受けました。
不安になったので病院で処方されている安定剤を飲み、少しは落ち着きました。
知り合いの看護師に聞いたら、熱湯(90度以上)は飲めない。
少しでも口に入れたならば湯呑みを落として口から吐き出してしまうので、熱湯は飲んでいないのではないのかと言っています。
病院に行くことが安心につながってないのではないかとも、その看護師に言われました。
自分としては、まだ不安は残っています。
考え方を変えれば、無意識に冷たい水を熱湯が半分入った湯呑みコップに入れたのではないか、という捉え方もあります。
やはり、ありもしないことを悪い方へ悪い方へと考え過ぎているのでしょうか?特段の症状がないので耳鼻咽喉科へは行かない方が強迫性障害の治療のためには良いのでしょうか?何かアドバイスをいただければ幸いです。

大丈夫です。
ガンは、発症しませんので、安心されて下さいね。
強迫性障害だからこその、不安ですので、心配はいりません。
気にしない事が1番です。
と、言っても気にしてしまうのが、強迫性障害の症状です。
私も長年酷い強迫性障害に苦しみましたが、奇跡的に治ったのは薬物療法です。
私も福岡ですが、福岡の強迫性障害専門の臨床心理士、矢野宏之さんのブログを貼っておきますので、暇な時にでも、読んでみて下さいね。
http://behavior.wpblog.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする