精神障害です。双極性障害です。 障害年金について質問です。 診断書…双極性障害

双極性障害 専門医を探しています。

双極性障害 専門医を探しています。
三重県から名古屋あたりにかけて診てもらえる病院を探しています。
双極性障害に詳しい先生に診て欲しいですが、なかなか双極性障害に詳しい先生が見つからず困っています。
どうか教えてください。
お願いします。

グーグル先生に聞いてみました。
三重大学「精神科神経科では、精神疾患の診療をおこなっています。
うつ病、躁うつ病、神経症性障害(パニック障害、強迫性障害など)、てんかん、摂食障害、統合失調症、認知症などの一般的な精神疾患に加えて、児童・思春期のこころの問題や、身体疾患に伴う精神症状、睡眠障害(過眠症や睡眠覚醒リズム障害など)を対象とした診断・治療をおこなっています。
」https://www.hosp.mie-u.ac.jp/section/shinryo/seishin/==名古屋大学「統合失調症、うつ病、双極性障害、認知症、不安症、摂食障害、自閉スペストラム症、注意欠如多動症、睡眠障害などさまざまなこころの問題に対応します。
」https://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/departments/psychiatry/==https://caloo.jp/hospitals/search/24/d806https://caloo.jp/hospitals/search/23/d806

双極性障害になり10年程です。病院も幾つか行きましたし、先生も何人も代わりました。結果、薬の種類や量等で維持するしか無いみたいです。今までも、現在の担当医も信用も信頼もしてません。先生も人間なので、親身になってくれる人も居れば仕事と思ってる先生も居ると思います。患者が見極められるなら、自分で見極めるのと薬で安定してるなら、自分で調べ維持量をキープしたり日常生活が普通に過ごせるよう自分で判断出来るレベルならした方が良いと思います。診て欲しいとは、カウンセリングを受けたいと言う事でしょうか?話を聞いてくれる友達等は居ないのでしょうか?>

双極性障害Ⅰ型です。
(医師の診断)躁鬱を比較すると現状は、躁一割、鬱八割、通常…

双極性障害Ⅰ型です。
(医師の診断)躁鬱を比較すると現状は、躁一割、鬱八割、通常一割未満。
これって、うつ病の薬飲んだほうが良いのでは、と、自分では思いますが、担当医師の判断・自分で調べた結果、うつ病の薬は飲んではいけない。
と、記しています。
毎日、イライラして何事にも興味がわかない。
二時間おきに目が覚めて寝ていられない。
かといって起きてもやりたいことがない。
去年の夏は5か月寝なくても毎日にが充実していた。
その反動で急激な鬱状態に陥り一か月半入院し、そのご、一週間に一度の通院で主治医が薬を微調整し毎回処方が少しづつ変わる。
どうしてよいか自分では判断つかない。
このまま人生が続くのかと思うとつらい。
何か前向きになる心構えご教授ねがいたい。
補足精神科に通院し、30年。

医者だけでは無くご自分も勉強なさっては双極性障害の診断が下ってるのに安易に抗うつ剤を出す医者はいません激躁激鬱します火に油を注ぐどころか火に爆弾投げ入れるのと一緒ですよ。
きつい言い方ですが30年も通院して何も学んでない気がしますが?自分の病状を確実に把握してるのは貴方ですよ。
詳しく書くより自分で勉強して下さい。
あくまでも経験からです。

うつ状態が長いので、抗うつ剤を飲んだ方がいいんじゃないか?と思われるのも当然ですが、仮に双極性障害の患者が抗うつ剤を服用すると、確かに元気になる可能性があります。
が、その後、躁状態になり、激しいうつ状態に陥る可能性があるんですよね。
それで患者が苦しむから、医師は抗うつ剤を処方しないで、8割の中程度のうつ状態で安定させるという感じですかね。

ラミクタールを勧める医師もいますが、僕はリーマスやデパケン、エビリファイを増量した方が良いかなと思います。
抗うつ剤は無理でも、気分安定薬や抗精神病薬などなら増量してくれるかもしれませんので、主治医に躁状態が出るので、お薬を増やして欲しいです。と言えば良いかな。>私も双極性感情障害です。3年通い続けて、やっと何となく効果が出る薬に出会った様な気がします 午前中は寝ています。既婚ですが、家事は一切出来ません。育児は、子供たちのパワーに混ざって勢いで動いてます。外出も、あまりしたくないです。>刺激物に近づかず、静かに生活していると落ち着いてきますよ。この病気はやっぱりストレスがいけないです。何かあると(良いことでも)乱高下して頭もボケてきます。>何か楽しみがあるといいですね。私は友達と会ったり話すと楽しいです。双極性障害です。>

私は双極性障害2型を持っている30歳女性です。
今は躁状態なのかもしれません。

私は双極性障害2型を持っている30歳女性です。
今は躁状態なのかもしれません。
私は大学2年の初めに妄想から始まり当初は統合失調症と診断され、9か月精神科に入院し、その後大学に復学しどうにか卒業し、親の勧めで親戚の金属研磨工場の事務兼生産管理補佐の仕事につきました。
残念ながら就職活動する気力がなかったためです。
大学に入学当時はフランス留学を目指し、バイトにフランス語の勉強にと夢に向かい頑張っていました。
その矢先に統合失調症という精神疾患に見舞われ、そこから私の人生は地獄になってしまいました。
ところが主治医に恵まれ発症から2?3年で夢であったフランスへの憧れやカフェでのアルバイトを始めれるようになったりと、元気になりました。
主治医からはあなたは統合失調症というより、双極性障害の方が強いと診断が変わりました。
ところがその時にはもう、工場で働いていましたので、フランス留学やカフェに携わりたいという夢はどう手につければいいかわからず、親戚の会社であるという責任感からなかなか辞められず、最悪な人間環境の中で鬱で落ちるところまで落ち、会社を辞めました。
そんな中現在婚約中の彼に出会いました。
彼と結婚することが私の夢になりました。
というのも彼は、心臓の血管に持病がある身体障害者です。
そんな身体障害者の彼との結婚を両親から反対されていました。
彼は不安定な私を6年に渡って支えてくれた大事な人でした。
彼と結婚することを胸に誓い、次に私は休みが彼と会う土日休みの病院の事務に就職できました。
この時点で私の実家と彼の実家は車で2時間の距離でした。
私は家賃を払える稼ぎができないため、実家近くの病院に就職したのです。
当時は彼も求職中で職業訓練に通っていましたので私の実家近くの職場を探してくれていました。
ところが彼は結局、彼の実家近くの工場(大手企業です)に障害者枠での正社員としてしか就職できませんでした。
というか大手に正社員として就職できたのでこんなにいいことはありません。
ここで彼と結婚するためには、私が退職するしかありません。
病院では人間関係もうまくいき順調に働けていましたが、彼と一緒に暮らしたいという気持ちが強くなり、親には反対される中仕事を続けている最中にまた鬱になりました。
そこで私は彼と結婚するため病院での事務を辞めました。
長くなりましたが、この工場から病院で働いている間ずっとおしゃれなお店をを自分で始めることが頭にありました。
そこで今彼との結婚と同時に移動販売車でドリンクや食品を販売するお店を始めたいと思っています。
ところが彼も両親も私には無理だの一点張りです。
今までの私の状態のようになっていては確かに無理だと思います。
でも、病気になって以来自分には何もできないと自信のなかった自分に、このお店をやることでは自分には出来るんじゃないかと希望が出来ました、しかしこれは躁状態によるものかもしれません。
そう考えるとまたしても、自分への希望がなくなってしまいます。
双極性障害の人間では起業は無理なのでしょうか、また同じ病気の方で起業されている方いらっしゃいますか。
ご意見をお聞かせください。

大丈夫です。
あ、こんばんわ、歴15年の35歳の者です女性です。
四苦八苦はすると思いますが、一人でする仕事ほど双極性障害に向いている仕事はないと私はおもうので、いろいろお仕事も経験なさっているようですしそれを生かして先へ、進んでください。
悩んだら、主治医に相談するのが一番で、常に自分の精神を気にして親い人に相談すると反対はすぐに来ました、わたしの場合。
躁状態のようにもおもえますが、その自分を分析し、冷静ではありませんか?頑張っては禁句なのでしょうが、がんばってください。
私も、個人ショップに向けて準備中です。

ご回答ありがとうございます。同じ病気の方の意見が聞けて嬉しいです。そして個人ショップに向けて準備中なのですね。まずは主治医に相談してみようと思います。少しずつでも先へ進んでみようと思いました。貴重なアドバイスありがとうございました。>

双極性障害1型と診断され入院中の元旦那について質問します。

双極性障害1型と診断され入院中の元旦那について質問します。
2年前うつと診断され休職。
休職中に躁症状が出たため主治医より双極性障害と診断される。
半年後復職するが一ヶ月で不倫。
不倫相手との行為優先のためリーマスを飲まず、抗うつ薬のみを飲み続けて躁転。
その間、高級外車をフルローンで購入。
様々な無駄な買い物を頻繁にする。
借金を繰り返す。
不倫相手旦那に慰謝料請求され弁護士同士がやりとりをする間も関係を断たず、私が離婚決意。
4月より別居、今月離婚が成立しました。
先月1日しかまともに出社出来ず、上司により休職をすすめられ、今月頭より某精神病院に入院しておりますが、アルコールを抜いて生活のリズムを整えるためと言っています。
開放なのか閉鎖なのか聞いたところ返事がありませんが、爪切りとカミソリをとりあげられたと言っておりました。
外出許可は下りているそうです。
かかった精神科医の履歴です。
開業医→大学病院教授→同大学助教→勤務医→開業医→某大規模精神病院(数百床←入院中)5人目の開業医まで双極性障害との診断です。
大学病院で3人の医師に診断されましたが、3人とも私が彼の症状について医師に直接話しています。
(躁症状)先ほど元旦那より今の主治医の見立てでは「アルコール依存症からくるうつ病らしい」と聞いて、頭が真っ白になりました。
とても有名な病院で入院施設も整っており、これでようやくまともな社会生活を送れる人間になれる一歩を踏み出せたのでは…と安心していた矢先でした。
養育費も慰謝料ももらえていませんが、子どもの面会は執拗に要求してくるので、病気とうまくつきあって出来るだけ普通の父親らしい生き方をしてもらいたいです。
でも主治医がこれでは話にならないと思います。
どうすれば元旦那が双極性障害であると主治医に認めさせられるのでしょうか。
もう妻でもありませんので、病院にいくことはないです。
患者の主訴のみで判断するのが精神病院なのでしょうか。
一番やってはいけない領域だと思うのですが。
ちなみに大学病院で光トポを受けたところ双極性障害の波形に近い結果でした。
今の主治医は光トポなんてあてにならないと言っているそうです。
私が一緒に生活してきて、受けた様々な被害(と今では思えますが当時は共依存に陥っていました)を未来の彼のパートナーが受けないためにも、適切な治療をすべきだと思うのですが、おせっかいなのでしょうか。
もう他人だから放っておけと親には言われますが、子どもの父親なのです。
養育費は諦められても、子どもの父親が犯罪者になるのは嫌です。
既に訴訟もおこされておりますので、法的には犯罪者ですが…。
私は医療系の仕事をしており、彼の症状はマニアそのものと判断しています。
決してうつ病ではないです。
うつ病患者なら出来ないような行動、言動、態度です。
精神科医でもそこを見抜くことはできないのでしょうか。
入院していたら浪費も不倫も早朝覚醒による意味不明な徘徊も目の当たりにすることはないでしょう。
この病院が最後の砦だと思っていたので、ショックです。
やはり、他人でも患者の症状を知る人間として、主治医に直接話をすべきなのでしょうか。

私も同じような状況で3年前に離婚しました。
子供は当時3歳でした。
高級車のフルローンも一緒です。
離婚後半年ほどで不倫相手には完全に振られ、そこになぜか他の女性が転がり込み、そうこうしているうちに彼女が妊娠してでき婚しました。
子供がいなかったら徹底的に縁を切りたいです。
でも、そうもいかないのですよね、お気持ちよく分かります。
幸い元夫はリーマスの服用は真面目にしている様子で、今の奥さんが私と違ってボンヤリしているのか高級外車を2台買っても危機感を持たずに好き放題させているようでアップダウンは以前程ではないようです。
子供2台対してはパパを決して悪く言わないようにしています。
でも、ママとパパは離れた方が幸せだからお別れしたの。
でも、貴方のことが大好き。
という感じで話しました。
子供はたまに会いたがりますが、短時間過ごす相手としか思っていないようです。
欲しいもの買ってくれるのも嬉しいのでしょうね。
質問者さんの元夫さん、抗鬱剤を処方されたらエライことになりますね。
私の時は最初鬱と診断されてパキシルでも見事に躁転、双極性障害と診断が下りました。
比較的早い診断だったのでラッキーだったのかもしれません。
なんだか長くなりましたが、もう離婚されたのですし元夫さんとの連絡は感情を排してビジネスライクにされたらいかがでしょうか。
メールは敬語、電話はしないか緊急時に限ります。
勿論必要最低限の連絡のみで、お子さんの事以外の話題には返信される必要はありません。
元妻は自分を見捨てないという妙な自信があるのだと思います。
私達は子供の親である事以外は他人である、と理解させるのが一番だと思います。
どうしても元夫さんの病歴が必要とされるなら、主治医を通して下さいと突っぱねていいと思います。

同じ境遇の方からの回答ありがたいです。
ご主人は適切に服薬されていて新しいパートナーと生活が送れているのですね。
経済力もあるようで安心ですね。
うちは借金だらけのうえ、前妻との間にも子供がいて養育費どころか自分の生活もままならない状況です。
訴訟もおこされています。
私が望むのは双極性障害の適切な治療をして、仕事をして借金を返してひとりで生きていって欲しいと、ただそれだけです。
それももう他人ですから、私が何を言っても無駄なことと悟りました。
この2日元旦那と戸籍のことでやりとりしましたが話になりませんでした。
サインバルタの離脱作用に苦しんでいるようです。
元旦那はノリトレンで躁転していました。

子どもたちに頼ることだけはしてほしくないのです。
上手く関係を絶てるようフェードアウトしていくつもりです。>どうすれば元旦那が双極性障害であると主治医に認めさせられるのでしょうか。

前に行ってた病院で、診断書貰って来たり、飲んでた薬を持って行くとか。
医者もけっこう適当なモンで、デカイ病院だからと言って、優秀な医者がいるとは限りません。
小さい小さい診療所なんかに、名医が潜んでる事もありますね。(笑)

ちなみに、僕がこの前行った内科の医者は、ヤブ医者でした。(笑)
薬の事も分からない医者で、わざわざ薬剤師に電話で聞いてました。(苦笑)>連絡を絶ち見知らぬ場所に行くしか手はないでしょうね
子どもにとっては一生父親ですが、仕方がないことです
私も双極だと思います、でもかかわらないで、見知らぬ土地で幸せになってください、考えるだけ辛いですね>もう離婚したのだから、関わり持たない方がいいでしょう。
お子さんの迷惑が掛からないように、法的に何かしておけないか弁護士と相談する方が先だと思います。

ずっと支えてきたあなただからわかるはずです。
医者はまずは患者の言葉を信じるという事。
家族は医者の信頼をまずは勝ち取ることから始めないとそれが覆されないということも。
家族でない今は、それはもっと出来ないということです。

どうかすっぱりと忘れて、辛くない人生をおくってください。>お子さんの為にも縁を切って下さい。
私にも双極性障害1型の兄弟がいますが、関わったらこっちの家庭壊されます。
ご存知でしょうがそれぐらい凄まじいです。
将来、お子さん達に災難が降り掛からないよう縁を切って下さい。
私は兄弟とは縁を切りました。>もう別れたのなら関わらない事です。また、再婚の決意なら話は別ですがね>

双極性障害の鬱時期に、抗うつ薬服用するのは間違ってますか?

双極性障害の鬱時期に、抗うつ薬服用するのは間違ってますか?

双極性障害のうつ期でも抗うつ剤は処方されます。
その代わり気分安定剤も一緒に処方されますよ。
うつをアップするように抗うつ剤を出しながら、ハイにならないように気分安定剤を調節する。
主人の主治医はそういうコントロールをしてくれています。
イフェクサーやアモキサンを飲みながらデパケンR、という感じです。

私の主治医はだしてくれません。デパケンもリーマスも効かずラミクタール出されました。双極性障害と診断されて、離脱症状乗り越え抗うつ薬はきっぱりやめましたが、そこからずっとうつで…イライラだって、生理前だったりそれから来る不調もあるのに、長年の抑うつ(良くなったり悪くなったり)と不安障害パニック障害だったのが、双極性障害2型と言われました。躁のエピソードも誰だってそうなるでしょ、というような事なんですが。すみませんこんな所で吐き出してしまい。>医師によると思います。双極性障害の鬱期でも、一時的に酷い鬱を回復させる為、処方する事もあると聞きました。もっと言うと、双極性障害と診断される前に鬱病と診断されている期間は、抗うつ剤を処方されましたし、少し落ち着いた時期もありましたしね。早く落ち着くといいですね。>向精神薬は主治医の処方に基づき、その用法用量を守り服薬することが絶対です。
主治医がそのような服薬を指示されたならそれで良いと思いますが自己判断で変えるのは慎まれた方がよろしいと思います。

うつ期→寛解期→躁期が波状に訪れるものですが、自分ではうつと思っていてもすでに寛解期に入っていて抗うつ薬を飲むことで病状を悪化させる可能性がなきにしもあらずです。
双極性障害はI型とII型があり、それぞれの型で薬が違うほど繊細です。お気をつけください。>躁転リスクも高く基本処方はしない様ですが、
うつ状態がひどく、なかなか改善されない時に
リフレックス15mgを1錠処方してもらいました。>危険ですね。
双極性障害と分かってたら処方されませんよね。>躁転リスクがあるのでダメですね。知らない医者が多くて結局その後のコントロールが付きにくくなります。うつ病相ならラミクタールです。>

35歳、男。
双極性障害のために精神障害者福祉手帳を取得し、都内の地方銀行で働い…

35歳、男。
双極性障害のために精神障害者福祉手帳を取得し、都内の地方銀行で働いています。
先日、これまで生きてきた中で最も強く自死を意識し、決行前に生前整理として友人などに最後のお別れのメッセージを送りました。
それが災いしてか、友人に110番されてしまい、自宅に数人の警官がが押しかけました。
強制入院などもちらつかされたこともあり、結果計画は頓挫、また今日からみじめに生きていくことになりました。
現在は休職をしておりますが、よしんば職場に復帰しても、追い出し部屋のような仕事(紙をひたすら三つ折りにするような仕事、それすらないときは1日デスクに待機してるだけ)があるだけです。
以前いた職場ではちゃんと仕事の力量も評価され、生き生きと働くことができましたが、今の扱いは本当に発狂しそうで辛いです。
一般の社員の方からも「楽な仕事で給料もらえていいねぇ」と白眼視されるばかりです。
こんな先の見えない状況ですが、やはり私はもう一度自殺をリトライして、今度こそ自分の人生を清算すべきでしょうか?母が悲しむだろと思うのでその点は心に引っかかっています。
※申し訳有りませんが当方かなり切実なため、煽りや差別的な回答はご遠慮いただけますでしょうか。
長文になりましたが、お答え頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
補足投薬状態ですが、現在ラミクタールとリーマスを主剤として治療をしています。
ちなみに先月まではラミクタールではなくサインバルタでの治療を行っていましたが、現在は断薬しています。
上記のことから抗鬱薬をなくし、気分安定薬を増量しているので普通なら気分がフラットになりそうですが、現在の状態は躁鬱混合状況となっており、怒りの感情が治りません。
他人を傷つける前に自分を殺さないとどうにかなってしまいそうで…。

「双極性障害」は、精神障害の中で最も自殺企図が多い疾患です。
実は、自殺企図率は「うつ病」よりも「双極性障害」の方が高いという報告があります。
今あなたは投薬を受けていますか?双極性障害は躁うつ病と同じですが、投薬には違いがあります。
・気分安定薬(双極性障害の治療の中心となるお薬です。
)・抗精神病薬(双極性障害の適応症がある比較的新しい 抗精神病薬は、現在2剤ありますが、躁症状及びうつ症状の改善の両方に適応がある薬剤は1剤のみとなっています。
(2013年6月現在))・抗うつ薬(重症の「うつ」がある場合は、気分安定薬と抗うつ薬を併用することがあります。
)・睡眠薬・カウンセリング(できれば同じ病院内にいるカウンセラーとの面談)以上が正しくあなたが薬を飲んで、カウンセリングを受けていれば自死と言う行動にまではいかないと思います。
それと私は脳器質性精神障害という病気で18年間通院しています。
最初の3年くらいは私も自死を考えまして、現場となる地域にまで見学に行きましたが、実際やろうとすると、欲望が突然出てきて、「〇〇が食べたい」「どっかに旅行に行きたい」とかが乱立してきて断念してしまいました。
「以前いた職場ではちゃんと仕事の力量も評価され、生き生きと働くことができました」あなたもいい時があったじゃないですか。
現在の銀行は辞めて、前のように生き生きと働ける場所を探して下さい。
35歳ならまだ楽しい事や嬉しい事が待っていますよ。
私は一生治らない病気ですが、もう自死願望はありません。
47歳ですが、楽しい事たくさんありますよ。
仕事はドクターストップがかかってできないので仕事できるだけでもあなたが羨ましいです。
先日も面接でやっぱり落ちてしまいました。
もっと気楽に人生を考えて下さい。
あなたが自死しなくてもいつかは死ぬんです。
それまで楽しい事を探しましょうよ。

・気分安定薬
リーマス、テグレトール、デパケン、セレニカ、ラミクタール

躁うつ病の治療の基本は、気分安定薬による維持療法です。気分の浮き沈みをおさえることで、再発・再燃を予防するわけです。1種類で効果不十分な場合、2剤以上を組み合わせて併用します。どちらかというと躁症状に効果的ですが、うつ症状に対してもある程度有効です。

リーマスは使用実績が豊富な代表的な気分安定薬です。効くまでに1~2週間かかりますが、有効率は高く70~80%の人に効果がみられます。ただ、量が少ないと効きませんし、逆に多すぎると中毒を起こします。そのため、血液中の濃度を測定して、その人に合った量を決めなければなりません。ふつう、少量より開始し、血中濃度を測定しながら急速に増量します。症状がよくなったら、徐々に減量し維持量を続けるようにします。
>私は折れ線グラフ6本位にマーカーで色分けしていました。>自殺しようとして自殺できなかった方はラッキーが訪れると聞いたことがあります。今はただ単に不安定な時期だと判断しました。職場もフォローしてくれたなら、少なくてもそこで1年間そのままポーズですね。怒りの感情がヤバイですね。怒るところもないのに怒るのがわかります。会社の件は置いておいて信頼できる医者を探す事が先決ですね。信頼できるNPOの方を探し、相談もいいかもしれません。人とのコミュニケーションを大切にしてください。あなた次第です。>こんにちは、同病のものです。私も、今休職中です。気持ちが何となくわかるので、回答させて頂きました!あなたと同じように、障害を隠して働いてる人は世の中に多数おります(勿論わたしもです。)みなさん、それぞれ家の事情で、辛い仕事でも辞めずに戦いながら頑張っています。本当に感心します。私は辛いから、前の職場から逃げたので。ちなみに、私は鬱からパニック、拒食症におちいりヤバくなってしまって閉鎖に入院経験もありますが、退院してから、普通に派遣で働けました!派遣なら気楽に働けるし、生活のことに重点を置かなければならない状況以外であれば、仕事はありますよ?勿論、障害枠を選ぶも方法の一つですが。まずは、考え方を変えてみるとよいかもしれないです。こちらも、来月から別の仕事で復職予定です!自分のことを第一に考えて、周りで心配してるひとのことも考えてくださいね。>まず仕事に関しては、職場のことで怒りが静まらないなら退職すべきです。
復帰も退職も希望がない未来かもしれませんが、死ぬよりは簡単なはずですよ。
退職してから死んだっていいわけですし。
そもそも「他人を傷つける前に」とありますが、お別れのメッセージだって、傷つけてますよ。友人を。
障がい者雇用ノルマがあるにせよ、銀行に就職できた質問者さんは当時精神障害があっても採用されるだけの価値があったんだから、ちゃんと療養してください。
就職から自殺騒動に至るまで医師と正直にコミュニケーションは取っていましたか?
追い詰められると、信頼している医師にも言えないことが増えてくると思いますが、精神状態が正しく伝わっていないと投薬治療も意味がなくなっちゃいます。
医師が就労可能と判断したら、障がい者就職支援センターの定着支援などを受けて就労するのがいいのではないかと思います。

自死については、ちょっと不思議だなーと思う点があります。
そもそも友達に何故お別れのメッセージなんて出すのかなっていう。
サクッとひっそり死ぬのがベストだと私は思っているので。
自分が死んだ後、肉親や友人が「なんで相談してくれなかったのか」とか「もっと手を差し伸べられたのでは」とか罪悪感を抱くことなんて、死んじゃう人間にとってはどうでもいいことで、周囲に期待できないから死ぬのでは。
そういう意味で、死にきれないけど死にたいほどツライ人なんだな、と思います。
これは、誹謗中傷でも幇助でもありません。
同じ自死願望を持っている人間としての率直な感想です。

それから、医療費は1割負担でも厳しいですか?
お母様と同居なさっているか不明ですが、手帳の等級か自立支援・生活保護・障害年金・3カ月ブランクができるけど障がい者登録での失業手当など、使える助成制度はないか、福祉相談員と話し合ってみることをおすすめします。>病気のことは判りません。が、今の境遇を否定することで、何かメリットでも有るのかなと(笑)。

貴殿を馬鹿にしている訳では有りません。今までの業務経験も判らないのでね。ただ、今、時間に余裕が有るのであれば、何かの学習に精を出す、という選択肢も有るのではないかな、と思う次第。

現在の職場に留まるのか、或いは転職を検討するかは判らないけれど、時間に余裕が有る時にしか出来ないモノも有る筈です。例えば、業務検定は幾つか持っているでしょうけれど、それは金融機関のみにしか評価されないモノです(他の業界は、その様なモノの存在を知らないからですね)。なので、日商簿記1級を狙ってみるとか(2級が無ければ、そこから始めれば良い話です)、或いはビジ法1級を狙ってみるとか。どちらも、相当に時間を掛けていかないと、そう簡単には取れません。
また、上記の何れも持っているのであれば、司法書士・税理士にアタックするのも良いかと思います。

良い意味で、自分を啓発して下さい。資格云々よりも、そこで得た知識が、何処かで役に立ちますし、また、没頭することで余計な事を考えずに済む、という部分も有ります。

精神疾患であれば、長期戦になるだろうとは思います。なので、そこは焦らない事が肝要かと。自身を否定することは、何時でも何処でも出来ます。なので、それは後回しにして、まずは自身の可能性を探ることに専念して下さい。「前向きになれ」ということではなく、自身の限界(体力という意味ではなく、知能という意味です)にチャレンジしてみることです。時間はタップリと有ります。現に、雰囲気は別としても、時間は取れる環境に有る訳ですよね(笑)?自分磨きの為に時間を費やしましょう、ということです。

余談ですが、何かスポーツはやってますか?小生、首都圏に居た際は、サイクリングをやってました。荒川や大宮には、よく走りに行ってましたよ。何も考えず、自分のペースでゆっくりと走る。日に100km以上走ることも有りましたけれど、良い気分転換にはなりました。あちらこちらの休憩場所では、色々なサイクリストの方と話も出来ますしね。その様なことを検討してのも良いかと思います。>

死にたいです。
双極性障害で躁のときと鬱のときのいやな記憶ばかり思い出されてつ…

死にたいです。
双極性障害で躁のときと鬱のときのいやな記憶ばかり思い出されてつらいです。
死期はすぐ来てくれるでしょうか、いつ頃でしょうか。
消えたいです。
1984年5月19日生まれ

私と同じ学年ですね。
私も双極性障害を後から考えれば15年以上患っています。
家族にも、たくさんの迷惑をかけ、いいこと無いなって思うことは多々あります。
ですが、私の将来を考え、勤められるならできるまで勤めて少しでも今後の道ができるようにと、田舎を捨てて出てきてくれ生活のサポートをしてくれることになりました。
確かに、窮屈な部分はあります。
年老いた親に家事やらを一切任せ、私は自分のこととペットの世話をすればいいという環境です。
記憶は、消えません。
でも、悪いことがあればいいこともある人生トントンというけれど、本当にそうだなって思うときがあります。
いつもいつも悪いことばかりではありません。
死ぬことは、ある意味簡単かもしれません。
私もODで運ばれたし、不安定な時は通報され警察のお世話にもなりました。
今を嘆くより、前を向いた方が悪いことばかり考える時間は減りますよね?別に、無いもしなくてもボーっとしてる時間があってもいいはずです。
時折、いいことがあればそれこそ人生トントンの時間です。
捨てられない、悪い思い出や記憶があるなら、その上を、上塗りすることを少しづつできたらいいなと私は考えて過ごしてます。
簡単には死ねません。
皆それぞれ寿命があるんです。
私たちの年齢的にはあと30年も可能性があるんです、平均寿命はもっと上です。
病気で死ぬかもしれない、事故にあうかもしれないでも、それはその人たちそれぞれの運命であって無理に断ち切る運命ではありませんよね?きっと辛いときは泣けばいいし、うれしいときは笑えばいいんです。
素直に生きて、世の中のストレスにさらされることはあるかもしれないけれど上を向いて泣いた方が、次につながる一歩ではないかと思います。

一緒に精神科行きましょ!>症状だから我慢して下さい。>

双極性障害1型です。

双極性障害1型です。
双極性障害の人の相手するのは疲れますか?身近にいますか?

私が双極性障害Ⅱ型ですけど、今軽躁時で、夫にはそうとううざがられます。
よく言われるのが〈実家に行ってきたら?〉です。

落とす薬は処方されていらっしゃいますか?

私は4年、安定していますが、
以前は似たような感じでした。
やはり疲れるんでしょうね。>私は父が1型です。躁も鬱もバリバリです。正直鬱の時は落ち込んではいるし、つらそうだなと思うけど、自分も経験しているし、寄り添えます。けれど躁の時はほんとに家族全員に火の粉が飛び、普段は全くしない電話を尋常じゃないくらいかけたりわけのわからない買い物をいきなりするので家計も切迫しますし、こちらにお構いなくえんえん喋ってくるし、やんわり逃げても家中ついてまわるのでとても疲れます。私自身が鬱状態でなければ、まだもう少し頭の中でスルーすることができるのかもしれませんが。>疲れますが、寛解のじょうたいまで持っていけない病気ではありません。服薬をキッチリすること。ぐっすり眠れるように持っていくこと。何かあったら主治医にそうだんすること。を守りましょう。親身になって診てくれる医師にあえばいいんですけどね。>身近にはいないです、辛い病気だと思います。>躁でも鬱でもフラットでも疲れるに決まってる>双極性の人が躁転したら周りはその対応に振り回されます。

何をするかわかりません。

気分が良すぎたり、ハイになったり、興奮したり、調子が上がりすぎたり、時には怒りっぽく不機嫌になったりして、他人から普段のあなたとは違うと思われてしまう

自分が偉くなったように感じる

いつもよりおしゃべりになる

色々な考えが次々と頭に浮かぶ

注意がそれやすい

活動性が高まり、ひどくなると全くじっとしていられなくなる

後で困ったことになるのが明らかなのに、つい自分が楽しいことに熱中してしまう
(例えば、買い物への浪費・性的無分別・ばかげた商売への投資など)>

双極性障害、境界性パーソナリティ障害、強迫性パーソナリティ障害で質問させてい…

双極性障害、境界性パーソナリティ障害、強迫性パーソナリティ障害で質問させていただいた者です。
前回は色々と教えていただきありがとうございました。
まだ、無気力でふわふわと彷徨っています。
すみません、今回はカウンセリングについて少し教えていただけますでしょうか?私は生活保護で暮らしており、有料カウンセリングを受けるのは困難なのですが、私が通っている病院に一人臨床心理士さんがいらして、その方は普段はデイケアで働いています。
病院で行う分には、自己負担はありません。
しかし、その方はカウンセリングをしたことがありません。
資格はあるけど経験のない方のカウンセリングをどう思われますか?(ダメもとで書いています。
)自分でDBTの本を買って、セルフヘルプを行うことについてどう思われますか?最後に、自己分裂を自分でもとに戻す方法はありますでしょうか?質問攻めですみません。
以上3点について、お手すきの際に教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

あくまで素人の見解ですことお許し下さい。
①カウンセリングについて傾聴だけでも、随分楽になる事だってあると思います。
治療と思わず、自分を写す鏡としてカウンセリングしてもらえば良いのではないでしょうか。
但し、傾聴力や共感性が無く直面化ばかりするようなカウンセリングだったら傷付くだけですのでオススメしません。
②DBTについて良いと思います。
僕が最初に思ったのは、治癒者と同じレベルになれば、パーソナリティ障害が治ったってことじゃないのか?と思い勉強し始めた経緯もあります。
非常にポジティブで素晴らしい事です。
精神障害は、治そうとしている時点で治り始めているそんなものだと思っています。
③自己分裂について僕が克服したのは、自己愛性パーソナリティ障害(NPD)の分裂なので正直、どうすればという事を言えないです。
なので、あくまで僕の想像で書きます。
まず明確にどう分裂しているか判断必要だと思います。
BPDなら大人と子供、良い悪いですが他の要素もあり得ます。
そして、分裂した自己の統合はつまりスプレッティング(分裂の防衛機制優位)の克服と言えるでしょう。
これはBPDの場合内的な抵抗が大きく、退行や不成功防衛、アディクトなどよろしくない事が予想されます。
何故ならBPDの場合は、NPDよりも情動制御が激しく、自己分析はNPDより向いてないと思います。
考えられ方法論は、ちょっと目標と手法がごっちゃですが以下です。
①インナーチャイルドを慰めて、成長させてあげる②悪い自己を受け入れてあげる③幼少期のトラウマ回復で母親から愛されているという確信をイメージとして持つ、あるいは人に語れるエピソードにする。
お母さんと話したり、アルバムを開いても良いでしょう。
④分裂の代名詞である白黒思考を緩和する。
認知行動療法の本などを買って独学でも良いし、DBTの考え方に取り入れられているはずです。
⑤自己啓発本や原始仏教などを学び寛容な価値観や広い視野を身につける。
最後に、これは僕のNPDを治した先生の言葉ですが、精神障害の治ったは『前向きになる事』だそうです。
主様は、前向きで素晴らしいと思います。
治す過程で後ろ向きになる事もある時もあるでしょうが、きっと良くなりますよ。
僕もちょと心が病気してるけど前向きな人、を今目指してます。
焦らずゆっくりお互い踏ん張りましょう。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

①カウンセリングについて
実際にカウンセリングを受けてみて、判断するということですね。
受けてみなければわからないですよね。
試しに受けてみようと思います。

②DBTについて
治療者と同じレベルを目指されたのですか?!スゴイですね。だからこんなに知識が豊富なんですね。
自分で自分を治すなんてできるのかな?と疑問だったのですが、まずは知識を身につけて、自覚・行動(ここが難しい)ができれば理想的ですね。 私は簡単な本から試してみることにします。汗

③自己分裂について
無理な質問をしてすみませんでした。
私、既に退行と不成功防衛の状態になっているような気がします。
どうやればいいのか検討がつきませんが、いただたキーワードで調べてみます。

続きます。>あなたの場合は病気ではありません。

明確なるわがまま、甘え、怠けですね。

働けば必ずや治りますよ。

かなり重度の怠け病なので

一日最低15時間、休みなし、睡眠4時間以下、
10年続ければ治りますよ。

絶対に治りますよ。>

精神障害です。
双極性障害です。

精神障害です。
双極性障害です。
障害年金について質問です。
診断書を作成してもらいスペックは障害認定日、請求日ともに(4)c6d1です。
ICD-10コードはF31です。
就労状況は障害認定日は一般雇用の正社員で3日程しか働けず欠勤する日が多かった。
請求日はA型作業所に1日3時間、週3、4日診断書には障害認定日、請求日ともに安定した就労継続は難しい、日常生活に多大な支障をきたしていると記入されています。
障害基礎年金2級は難しいでしょうか?補足訂正就労状況障害認定日は一般雇用の正社員で週に3日程しか働けず欠勤する日が多かった。

双極性なら、比較的貰いやすく、ギリ2級いけるかなといったところです。
お医者さんも頑張ってくれましたね。
最近は就労状況を書く欄もできてきて、だいぶ厳しくはなっているので、年金機構の、それもその中の判断する人に当たり外れがありますから運になります。
とにかく貰えると信じましょう!心配しても結果が出るまでどうすることもできないわけですし。
ご気分を害したら申し訳ないのですが、双極性というところが救いになってくれるポイントだとおもいます。
普通は状況をきっちり見ますが、双極性と統合失調症は本当に貰いやすいので、貰えることを祈っています。

ガイドライン的には2級。あとは、年金機構の判断ですね。>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする